「消費税問題の解決」等を決議――国民医療推進協議会

2012.12.01

 

「消費税問題の解決」等を決議――国民医療推進協議会  
2012.12.03 The Doctor 


 日本医師会や日本薬剤師会などの医療関係者団体で構成される「国民医療推進協議会」は11月15日に総会を開き、医療の営利産業化への反対や消費税問題の解決を求める決議を採択した。

国民皆保険制度の維持と地域医療の再興を目的に据えた国民運動を来月下旬まで展開する。

協議会の横倉義武会長は総会後の会見で、野田佳彦首相の衆議院解散表明により、来月にも総選挙が行われる現状を踏まえ「タイミングとしては非常に良い時期だ」と語った。
 
国民運動の具体的な活動としては、

▽医療における消費税問題の抜本的解決

▽環太平洋経済連携協定(TPP)への参加反対

▽政府が閣議決定した「日本再生戦略」における市場原理主義への回帰反対――を求め、12月14日に「国民医療を守るための総決起大会」と題した国民集会を開く。

また、各都道府県の推進協議会に対しては、地域集会の開催や決議採択、各都道府県における地方議員・議会への働きかけなどを求める。

その上で、全国各地から寄せられた決議文を政府関係に上申する方針だ。