[市政の課題]湖西市長選を前に(上)医師不足(連載)=静岡

2012.11.13

市政の課題]湖西市長選を前に(上)医師不足(連載)=静岡
2012.11.10 読売新聞 


 ◆「お産難民」深刻

 湖西市長選の告示が11日に迫った。トヨタグループの創業者・豊田佐吉を輩出するなど産業の街として知られているが、津波対策や産科医不足など、命にかかわる課題も山積みだ。

市政の課題を検証した。

 「近くに産科があればいいのだけれど」。湖西市古見の看護師本多麻奈実さん(30)は丸く膨らんだおなかをさすりながら、ため息をついた。

 本多さんは現在妊娠8か月。
1か月前まで浜松市西区に住んでおり、出産は車で片道20分かかる同区の医院で行う予定だ。

 本多さんが不安に思っているのは、出産がスムーズにいかず、大病院への入院が必要になった場合だ。湖西市内には出産できる病院がない。

「正常分娩(ぶんべん)ならいいけれど、大変な出産になったら、浜松市の病院に入院しないと」。夫の哲也さん(29)も「浜松の大病院に入院してしまうと、車で1時間かかるので通うのが大変になる」と表情を曇らせる。

 湖西市唯一の公立病院が市立湖西病院だ。
以前は産婦人科に常勤医が3人おり、病院での出産も可能だったが、研修医自身が研修先を選べる「医師臨床研修制度」の影響で医師確保が困難になり、2007年8月以降は常勤医が2人に。宿直体制が組めないため、同月から出産の受け付けを休止した。

病院は医師派遣元の浜松医大に医師増員を働きかけているが、全国的に産科医不足が課題となる中、医師の確保は困難だ。

 市健康増進課によると、市内にはほかに産婦人科の医院が1院あるが、出産は扱っていない。
市内では年間約500人の出生届が出ているが、妊婦は分娩できる施設を市外に探す「お産難民」となる。湖西病院の出産受け付け停止以降、多くの妊婦は浜松市や愛知県豊橋市などの病院へ車やタクシーで行き、出産する状況が続いているという。

     ◇

 10月26日、市子育て支援センターで開かれた妊産婦向け講座。「調子が悪い時はこんな食べ物が良いですよ」という講師のアドバイスに、参加した約20人は真剣なまなざしで耳を傾ける。
講師は、以前湖西病院に勤務していた助産師だ。

 子育て支援を手がける市内のNPO法人「ポレポレ」では昨年から、助産師を招いた妊産婦向け講座を始めた。
参加者からは「講師に色々聞けて安心できる」「上の子の時も講座があったら悩まなかった」などの感想が聞かれ、講座の回数を増やすほどの人気という。自身も4人の子の母で同法人事務局長の神谷尚世さん(39)は「民間がニーズに即した事業を展開していけるよう、市は支援するべきだ」と話す。

 少子化が進む中、いかに有効な施策が行えるか。市の本気度が問われている