◎銅が院内感染防止に有効  独クリニックなど研究結果 【ハンブルク(ドイツ)22日PRN=共同JBN2008年8月25日】

2012.11.16

◎銅が院内感染防止に有効  独クリニックなど研究結果

【ハンブルク(ドイツ)22日PRN=共同JBN2008年8月25日】


試練に耐えて試し抜かれたものは時に革新的になりうる-古代ギリシャ時代から既に、銅は非常に抗菌作用があると考えられてきた。
この能力が現在、危険な院内細菌との戦いに重要な役割を果たしている。
 

ドイツ・ハンブルクのバンツベックにあるアスクレピオス・クリニックの全病棟は、世界的に知られるフィールドテストの中で、銅製のドアハンドル、ドアプレート、電源スイッチを装備した。

細菌は手から手への接触感染ばかりかドアハンドルやスイッチなどの接触を通じて感染する例が多い。

ドイツのハレ・ビッテンブルクにあるマルティン・ルッター大学の科学者たちは現在、初の研究段階でのサンプルを評価中である。
結果として、アスクレピオス・クリニック・バンツベックは欧州におけるこの臨床研究のパイオニアになる。
 
主要な対象は、世界的にクリニックや看護施設で一層多くの患者が病気に罹る危険な耐性菌(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌=MRSA)である。

そのまん延を防止するには、伝統的な衛生手段では不十分なことが多い。
同クリニックとマルティン・ルッター大学ハレ・ビッテンブルクで関係した科学者によると、最初の研究結果は銅の表面で細菌が生き残るチャンスは顕著に低くなることが示され、これによって今年下半期にフィールドテストが継続される理由になっている。完全な評価は2009年初めになる見込みである。
 

▽世界的な時間との競争
 
アスクレピオス・クリニック・バンツベック第1医療部長のヨルク・ブラウン医博(教授)は、「高耐性病因に対する戦いは、新しい抗生物質や大がかりな消毒手段の利用などこれまでの手段では勝てない。

われわれは患者の潜在的な危険性を減らすため、新しい方法を開始しなくてはならない」とフィールドテストの動機を説明した。

マルティン・ルッター大学ハレ・ビッテンブルクの生物学研究所長であるディートリッヒ・H・ニース博士(教授)も「いくつかの個別の作業グループが実施した科学的テストは、銅の表面が効果的にバクテリアやその他病原菌を殺すことを疑いもなく証明した」と確認した。
 

アスクレピオス・クリニック・バンツベックはそのフィールドテスト(8週間で2度、それぞれ1週間のサンプル採取)で、世界的な研究プログラムにかかわっている。
いくつかの臨床条件による比較研究が計画中であり、あるいは英国、南アフリカ、米国、日本で同時進行中である。

バンツベックでは、ドアハンドル、ドアプレート、電源スイッチから採取されたサンプルが、ステンレススチール製の普通の表面と銅合金の表面の両方でこの数週間中に収集された。

経験が示すところでは、ドアハンドルとか電源スイッチが最もひんぱんに感染する表面である。
 

▽欧州だけで毎年5万人が感染被害
 
深刻な推計によると、50万件余りのそのような院内感染が毎年、ドイツの病院、すなわちクリニック内で発生している。

欧州疾病予防管理センター(ECDC)によると、欧州全体で300万件の院内感染事例があり、その内5万件は致命的である。
MRSAのような耐性菌はこのような事例では特に高い危険性がある。
 
一部生命を脅かす患者のリスクに加えて大きな経済的損失があり、ドイツだけでその額は数十億ユーロに達する。
米国では疾病管理センター(CDC)による推計があり、それによると院内感染は45億ドルのコスト負担となる。

英国の国民医療制度(NHS)は、毎年10億英ポンドという余分のコストがかかると推計している。
いくつかの推計によると、MRSAに感染した患者は平均して病床に4日間長くとどまることになり、4000ユーロ、個別のケースでは2万ユーロの余分のコストがかかるという。

MRSA感染後に衰弱する患者の合併症で最も多いのは手術創感染、肺炎、敗血(症)、尿道感染などである。
 

▽調査研究は世界的に全力で進む
 
ドイツ・ハンブルクのアスクレピオス・クリニックでのテストは初めは実験室で開始され、その結果危険性の高いMRSAを含む99・9%のバクテリアが銅表面で数分から数時間内に壊滅した。

これとは対照的に、同じ病原菌はステンレススチール表面では3日生き残った。

この結果、米環境保護庁(EPA)は最近になって今年3月、銅の抗菌効果を確認している。
現行の調査研究は非常に長期間尊座していた科学的ギャップを完結しようとしている。

ドイツ銅研究所(DKI)ビジネスマネジャーであるアントン・クラッサート博士は「人類は数千年にわたり銅の衛生的効果について前向きの経験を積んできた」と語る。

抗菌適性に関する欧州銅能力センター所長によると、「DKIはヘルスケアシステムにおける現在の諸問題を抱えながらも、これら銅の特性を近代的病院に適用する最初の一歩を踏み出した」という。
 

トピック「銅と細菌(Copper&Germs)」の発言者に関するビジュアル素材と(マイクロソフトのプレゼンテーション・プログラムである)パワーポイント・プレゼンテーション資料は、求めによって入手できる。
 メディア接触先は以下の通り。
 Asklepios Clinics Hamburg
Mathias Eberenz
Tel.: +49-40-1818-826-632
m.eberenz@asklepios.com
German Copper Institute (DKI)
Ingrid Keller
Tel.: +49-211-47-96-314
ikeller@kupferinstitut.de
(了)




Copper Eliminates Resistant Hospital Germs in a Worldwide Field Test

PR31532

HAMBURG, Aug 22 /PRN=KYODO JBN/ –


- Dangerous Bacteria Infect Three Million People in Europe Every Year

Sometimes something well-tried can also be innovative: already in Ancient
Greece, copper was considered to be very antimicrobial. This ability is now
playing an important role in the struggle against dangerous hospital germs.
In a worldwide noted field test, a whole hospital ward at the Asklepios
Clinic in Wandsbek in Hamburg, Germany, was equipped with door handles, door
plates and light switches made of copper. Because the germs are not only
transmitted from one hand to another but, in many cases, also by touching
door handles and switches. At the moment, scientists at the University
Halle-Wittenberg, Germany, are evaluating the samples of the first study
phase. As a result, the Asklepios Clinic Wandsbek becomes the pioneer in this
clinical research in Europe.

The main opponents are dangerous, antibiotic-resistant bacteria (MRSA),
with which more and more patients worldwide fall ill in clinics and nursing
homes. Classical sanitary measures are often insufficient to prevent a
further spreading. According to the clinic and the involved scientists at the
University Halle-Wittenberg, the first study results have shown
"significantly less chances of survival" of microbes on copper surfaces,
which is why the field test will be continued in the second half of the year.
A complete evaluation is expected by early 2009.

Worldwide race against time

"The struggle against high-resistant agents cannot be won with the
previous means, such as the use of new antibiotics and intensive disinfection
measures. We must break new grounds in order to reduce the potential danger
for our patients," Professor Prof. Dr. med. Jorg Braun, chief physician of
the I. Medical Department at the Asklepios Clinic Wandsbek explains the
motives for the field test. "Scientific tests performed by several
independent working groups have shown beyond doubt that copper surfaces can
efficiently kill bacteria and other germs," Prof. Dr. Dietrich H. Nies,
Director of the Institute for Biology at the Martin Luther University
Halle-Wittenberg, Germany, also confirms.

With its field test (two times eight weeks with weekly periodic
sampling), the Asklepios Clinic Wandsbeck is involved in a worldwide study
program. Comparable studies under clinical conditions are planned or are
being performed at the same time in Great Britain, South Africa, the US and
Japan. In Wandsbek, samples from door handles, door plates and light switches
were collected during the last weeks: both from common surfaces, e.g. made of
stainless steel, and from surfaces with cooper alloys. Experience has shown
that door handles and light switches are the most frequent surfaces of
transmission.

50,000 casualties in Europe alone every year

According to serious estimates, more than half a million of such
nosocomial infections – i.e. caught in the clinic – occur every year, in
German hospitals alone. According to the European Centre for Disease
Prevention and Control (ECDC), there are three million cases all over Europe,
of which 50,000 are fatal. Antibiotic-resistant germs like MRSA (MRSA stands
for Methicillin-resistant Staphylococcus aureus) present a particularly high
danger in this context.

In addition to the partly life-threatening danger for the patients, there
is also an enormous economic damage which might amount to billions in Germany
alone. For the US, there is an estimate by the Center for Disease Control
(CDC), according to which nosocomial infections incur costs of more than 4.5
billion US dollars. In Great Britain, the National Health Service (NHS)
estimates the additional costs at one billion pounds sterling every year.
According to estimates, patients who contract MRSA in the clinic stay in
sickbed up to four days longer on average and incur additional costs to the
amount of 4,000 Euro, in individual cases even up to 20,000 Euro. The most
frequent complications with weakened patients after a MRSA infection include
wound infections, pneumonias, blood poisonings, and urinary tract infections.

Research is going full steam ahead worldwide

The tests at the Asklepios Clinic in Hamburg, Germany, were initiated by
laboratory tests in which 99.9 percent of the bacteria, including the high
hazard MRSA agents, were eliminated within a period of a few minutes up to
two hours on copper surfaces. In contrast, the same microbes were able to
survive up to three days on stainless steel surfaces. This is why the US
Environmental Protection Agency (EPA) has confirmed the antimicrobial effect
of copper only recently, in March this year. Current research is closing a
scientific gap which has existed for a very long time: "Humanity has had
positive experience with the hygienic effect of copper for thousands of
years", says Dr.-Ing. Anton Klassert, Business Manager of the German Copper
Institute (DKI). "Against the backdrop of the current problems in the health
care system, the DKI has now taken the first steps in order to apply these
properties of copper in a modern hospital", according to the Director of the
European Copper Competence Centre "Antimicrobial Properties".

Visual material and the PowerPoint presentations of the speakers on the
topic "Copper & Germs" are available on request.

Contact for media representatives:
Asklepios Clinics Hamburg
Mathias Eberenz
Tel.: +49-40-1818-826-632
m.eberenz@asklepios.com

German Copper Institute (DKI)
Ingrid Keller
Tel.: +49-211-47-96-314
ikeller@kupferinstitut.de

Source: Asklepios Kliniken



[関連リンクURL]
http://www.asianetnews.net/