2年登場の新サービス 自宅で看る--被災地で高齢者を守る 「1人開業」訪問看護師

2012.10.18

 

日立に救命救急センター 日立総合病院に完成 県北で初 /茨城県 
2012.10.18朝日新聞   
http://www.hitachi.co.jp/hospital/hitachi/infor/osirase/__icsFiles/afieldfile/2010/07/22/sintou.pdf 

 日立総合病院(日立市、奥村稔院長)に建設していた救命救急センターが完成し、20日午後5時から運用を始める。 

重症の救急患者を24時間受け入れる救命救急センターは県北部地域では初めて。 

 日立総合病院は日立製作所が運営する。 

救命救急センターは、鉄筋コンクリート6階建てで延べ床面積は約8千平方メートル。 

 2階の入り口は、3台の救急車が同時に乗り入れできる。 
入り口わきにある汚染処置室で、除染の必要な救急患者も受け入れることが可能だ。 
3階の集中治療室(ICU)には16床のベッドがある。うち個室は5床。約60人の医師が当番制で診療に当たる。 

 17日の完成式典で、日立製作所が運営する県内の病院を統括する「茨城病院センタ」の岡裕爾(ゆうじ)センタ長は「救命率の向上に貢献したい。 

地域医療と、災害医療センターの役割を強化、充実させるよう職員一同努力していく」と述べた。 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////// 




「救命救急センター」日立総合病院に完成=茨城 
2012.10.18読売新聞  


 日立製作所の日立総合病院(日立市城南町)で17日、県北地域初の「救命救急センター」の完工式が開かれた。センターは20日午後5時から運用を開始する。 

 完工式には、同社から栗原和浩常務や岡裕爾茨城病院センタ長ら、来賓として橋本知事や同センターに医師を派遣する東大医学部の矢作直樹教授らが出席。 

岡氏はあいさつで「地域医療の中核病院、災害医療センターの役割を強化充実するため職員一同努力する」と述べた。 
これに先立ち、栗原常務や橋本知事らはセンター内を見学した。 

 同センターは、重篤な救急患者を24時間体制で受け入れ、高度な医療を総合的に提供する。 

鉄筋コンクリート6階建て。1階に内視鏡センターとMRI室、2階に救急車専用搬入路と救急外来、3階に救急病棟、4階に産科個室を備えた産科病棟などを設けた。