東京医大茨城医療センター不正請求:保険医療指定取り消し

2012.09.24

 

東京医大茨城医療センター不正請求:保険医療指定取り消し 
2012.09.22 毎日新聞 


 厚生労働省関東信越厚生局茨城事務所は21日、東京医科大茨城医療センター(茨城県阿見町)を保険医療機関の指定取り消し処分とすると発表した。 

処分は12月1日付。本来認められない診療報酬を故意に請求し、健康保険分だけで約8300万円を不正に受け取っていた。 
厚労省によると大学病院の指定取り消しは極めて異例。 

 同事務所によると、センターは特別な体制をとった場合に加算される診療報酬を、基準を満たしていないのに請求。 
08年4月~09年5月、健康保険の負担分約8300万円を不正に受け取った。 
実態がないのに医師の事務補助者を虚偽登録するなど基準からかけ離れており、同事務所は「故意に過大請求を行い悪質性が高い」と認定した。 

 処分は5年間。指定取り消し処分を受けると保険診療ができなくなるため、現在約400人いる入院患者や地域医療への影響に配慮して12月1日付とした。 

 処分を受け、記者会見した松崎靖司センター長によると、関係する患者は約9600人で、患者負担分も合わせた不正請求額は計約1億1800万円に上るという。 

 松崎センター長は「深く反省している。衷心よりおわびし、速やかに返還手続きを取る」と謝罪した。【酒井雅浩、杣谷健太】 


茨城・東京医大医療センター 保険医療指定取り消しへ 診療報酬不正請求で 
2012.09.21 NHKニュース   


 茨城県阿見町(アミマチ)にある東京医科大学茨城医療センター(イバラキ)が、8200万円あまりの診療報酬を不正に得ていたとして、厚生労働省の関東信越厚生局は保険医療機関の指定を取り消すことを決めました。 

 大学病院が保険医療機関の指定を取り消されるのは異例で、医療費は全額、患者の自己負担となります。 

 関東信越厚生局によりますと、茨城県阿見町にある東京医科大学茨城医療センターは、平成20年4月から平成21年5月までの間、受け取る診療報酬の額が実際よりも多くなるよう、退院したり、転院させたりした患者のデータを水増しする手口などで、診療報酬を不正に請求していたということです。 

 これまでの監査で、不正に得た診療報酬は、3万件余り、総額で8284万円に上るということで、関東信越厚生局は、保険医療機関の指定を取り消すことを決めきょう発表しました。 

 指定が取り消されると、健康保険を使って診療が受けられなくなり、医療費が全額、患者の自己負担となります。 

 関東信越厚生局は、患者の混乱を少なくするため、ことし12月1日から指定を取り消すことにしています。 

 東京医科大学茨城医療センターは、ベッド数が500余りで、27の診療科があり、2次救急の指定病院となっているほか、がんの診療でも県の連携拠点病院に位置づけられるなど、茨城県南部沿岸の地域医療の中核的な病院の1つです。 

 厚生労働省によりますと、大学病院が保険医療機関の指定を取り消されるのは極めて異例だということです。