「細菌の増殖や静電気の帯電を抑える靴下」

2012.07.30

「細菌の増殖や静電気の帯電を抑える靴下」 

宇宙飛行士の山崎直子さんが、宇宙に飛び立つに当たり、色々な着衣を選びました。 

その中に靴下が有りました。 

その靴下は、「カプロンファイバーハイソックス」。長さ約38センチ、大きさ約18センチで男女兼用、 

フリーサイズの靴下です。 

足利市西新井町の繊維業「セイホウ」が製造した細菌の増殖や静電気の帯電を抑える靴下で 

20社の応募の中から選ばれたものです。 

 ポリエステルに髪の毛の3分の1以下という極細の銅線を合わせた繊維を編み込んでいるのが特徴で、 

銅イオンが細菌の増殖を抑え、ニオイの元になる雑菌も減らす。 




銅繊維は熱を逃がさない性質があるため、従来品に比べてあたたかい。 

足裏部分には、消臭効果のある粉末を固めて水玉のように付けている。 

 同社が応募したきっかけは2009年9月、青木朋治社長(71)が、 

宇宙航空研究開発機構が宇宙飛行士の「普段着」を公募しているという新聞記事を 

長女から見せられたことだったそうです。 

 条件には、宇宙では洗濯できないため長期間着られるよう抗菌性や防臭性などが挙げられており、 

こうした機能を備えている「カプロン――」を応募しようと決めたそうです。 

社員数12名という小さな工場から選ばれた靴下は、きっと注目されて、ベストセラーになるでしょうね。 

出所:Gooニュース 





http://www.jcda.or.jp/center/shuppan/dou170/d170_10.pdf 



http://www.e-seihou.co.jp/news/pdf/yomiuri20100407.pdf 





「水虫に銅製品」 

・・・平成14年10月22日 財団法人日本化学繊維検査協会の 抗菌性(菌減少率)「試験証明」 

銅製布地 菌減少率 91・3% 
ナイロン標準白布  -6・3% 
(所定の水虫菌を含んだ菌液を試験片上に滴下し、一定時間後の菌数測定) 


水虫に銅製品が効果的だというのをご存知だったでしょうか? 
この事を知っている人は意外にも少ないかもしれません。 

水虫の民間療法の中には、「靴の中に10円玉を入れておくと水虫が改善されていく」と言うものもあるくらいです。 
では、なぜ水虫治療に銅製品が効果的なのでしょうか? 
このページでは、水虫と銅製品について紹介しています。 

銅には、抗菌作用があることは良く知られています。 
排水口に10円玉を入れておくことで、排水口のヌルヌルした水垢が付き難かったり、匂いを消臭してくれます。 
これは、銅の抗菌作用がカビの繁殖を防いでくれているからとされています。 

水虫の原因である真菌はカビの一種なので銅製品が真菌の繁殖を防ぐに効果があることが納得できます。 

この水虫に対して銅の抗菌作用を利用した知恵は、昔から知られており、最近ではこの知恵を利用して、銅繊維を織り込んだ靴下が販売されています。 

これは水虫だけに効果があるのではなく、雑菌と汗が交じり合って発生する足の臭いを抑えてくれる効果もある靴下でも有名です。 

その他、同じように銅の抗菌作用を利用して水虫や足の臭いに対して効果を発揮してくれるモノに靴の中敷などもあります。 

銅とアルミを靴などの中敷として利用することで、プラスとマイナスのイオンを発生させ、足の蒸れや臭い、水虫に対して抑制効果を発揮してくれるものも発売されています。 

この様に銅の持つ抗菌作用を利用した水虫対策商品はいくつも発売されています。 


さらに、銅の持つ抗菌作用を利用したものに布団のシーツもあり、寝汗などで湿気やすくダニや水虫菌の温床となりやすい布団を常に清潔に保ってくれるため、毎日快適に眠ることができます。 


この銅製品は、薬品などを使用していないので、基本的には誰でも安心して使うことが出来ます。 
この理にかなった銅の水虫対策グッズは、これまで以上に人気が出てきそうですね。