明智市長が公約違反とはいいがかり・・・

2012.07.02

 

http://otsukayuji.blog9.fc2.com/blog-entry-808.html 

千葉県旭市議会議員 大塚ゆうじのブログ 

2012-06-28 

明智市長が公約違反!?

明智市長が中央病院の医師減員を受けて同病院に関する検討委員会を作ることにしたのはすでにご報告の通りです。 
まったくもって妥当な判断です。 

しかし驚いたことにこれに対して「公約違反だ」との批判の声が上がっていると耳にします。 

「公約違反」というのは全くの言いがかりです。 

中央病院に関する市長の公約は「公設公営堅持」であり、医師が立ち去り始めた中央病院を立て直すために委員会を 
作ることは公約違反ではありません。 

医療については身近な問題であるためついつい思いつきや自身の経験論だけで物を言う人がいます。 

しかし病院再生はその道のプロの意見を聞くべきであり、素人判断で物事を進めるべきではありません。
乱気流の中を飛んでいる飛行機のパイロットに素人が操縦の指示をしないのと同じ理由です。 

委員長   
樋口 幸一(公認会計士) 
副委員長   
渡辺 清一(旭中央病院事務部長) 
委員     
加瀬 正彦(旭市財政課長) 
神原 房雄(旭市企画課長) 
鈴木 清武(旭中央病院経理課長) 



「明智市長は公約違反」と言う人がいたら、以下の本を読んだことがあるか聞いてみると良いと思います。 
読んでいればそのようないい加減なことは言えませんから。 

医療崩壊―「立ち去り型サボタージュ」とは何か 
(2006/05) 
小松 秀樹 



総合病院国保旭中央病院改革プラン評価報告書 
平成23年2月17日 
http://www.city.asahi.lg.jp/section/kikaku/files/2012-0223-1339.pdf