銅イオンはさまざまな菌に抗菌効果を発揮します

2012.07.23

 

 

銅の抗菌性 

銅イオンはさまざまな菌に抗菌効果を発揮します 

銅イオンの微量金属作用には、細菌類を死滅させる性質があります。 
日本銅センターでは、銅の抗菌効果を科学的に実証するため、 
さまざまな実証試験に積極的に取り組んでいます。 
ここでは、これまでに実証されたすぐれた銅の抗菌性をご紹介します。 

http://www.jcda.or.jp/koukin/koukin.html 




銅の抗菌性 

   レジオネラ菌に効果を発揮する銅イオン 

近年、銭湯や温泉施設などでレジオネラ菌に感染し、命を落とすというニュースが注目を集めています。 
このレジオネラ菌に対して、銅がきわめてすぐれた抗菌効果を発揮することが(社)日本銅センターから実証試験の委託を受けた(財)北里環境科学センターより発表されました。 
実験は2つの方法で行われました。 

1つは抗菌効果を試す実験で、水道用配管として使用されている銅板、ステンレス板、塩化ビニル板に菌液を滴下し、培養後の発生集落数を測定しました。 

その結果、試験片1枚あたり50万から60万CFUいた菌が銅板では、1,000CFU以下に大幅に減少しました。 

一方、ステンレス板、塩化ビニル板はほとんど変化が見られず、銅板の高い抗菌効果が認められました。 


次に、銅イオン濃度と作用時間の関係を調べる実験では、濃度を段階的に変えた銅イオン溶液に菌液を接種し、発生集落数を測定しました。 

その結果、銅イオンの濃度と作用時間に比例して、抗菌効果が高くなることがわかりました。 

循環式浴槽、給湯設備などをおもな感染源とする恐ろしいレジオネラ菌。給水、給湯用銅管をはじめ、レジオネラ菌対策として、銅の抗菌力にますます期待が高まっています。 
http://www.jcda.or.jp/koukin/koukin2.html 



銅の抗菌性 

   あのO-157にすぐれた抗菌効果を発揮 

1996年、大きな社会問題となった病原性大腸菌O-157。このO-157に対して、銅が抗菌効果を発揮することがわかっています。 
(社)日本銅センターの依頼により行われた(財)東京顕微鏡院・衛生科学センター(厚生労働省の指定検査機関)による検査で、銅板および黄銅板がO-157にきわめて高い抗菌効果を発揮することが実証されました。 

試験はシャーレに菌を含む寒天培地を凝固させ、その上に銅および黄銅板を置き、培養、観察が行われました。その結果、銅板、黄銅板とも周辺に増殖阻止帯が認められ、直下では菌の発育はまったく認められないという結果が得られました。 
季節に関わらず、今後も十分に注意が必要な病原性大腸菌O-157。この試験結果を受け、銅の抗菌パワーにますます注目が集まっています。 
http://www.jcda.or.jp/koukin/koukin3.html 






銅の抗菌性 

銅イオンが病原虫クリプトスポリジウムに効果を発揮 

近年、日本でも集団感染を引き起こし問題になったクリプトスポリジウム(Cryptosporidiumparvum)。 
クリプトスポリジウムは、汚染された水や手指を介して感染し、激しい腹痛や下痢を引き起こす病原微生物の1つです。クリプトスポリジウムを覆うオーシストと呼ばれる硬い殻には、強い塩素抵抗力があり、水道水の塩素消毒でも死滅せず、非常に恐れられています。 

このクリプトスポリジウムに対して、銅の抗菌性が効果を発揮することが認められました。(社)日本銅センターから委託を受けた(財)北里環境科学センターは、銅イオンがクリプトスポリジウムオーシストの感染性を不活性化することを実証しています。 

実験では、銅イオンが他の微生物を殺菌するのに必要な濃度とほぼ同等の濃度で実験を行ったところ、オーシストの形がくずれたり、壊れたりするものが6~11%の割合で認められました。 

銅の抗菌性は、レジオネラ菌、クリプトスポリジウムをはじめ、今後の水系感染の予防対策に向け、ますます期待が高まっています。今後は、より実用的な評価をするため、より具体的に検証を行う予定です。 

http://www.jcda.or.jp/koukin/koukin4.html 


 



銅の抗菌性 

   抜群の抗菌力を持つ銅管 

給水、給湯をはじめとして、わたしたちの暮らしを支えるライフラインには、さまざまな種類の配管が使用されています。その配管の抗菌力を比較したところ、銅管は、すぐれた抗菌力を発揮することが実験で明らかになっています。日本銅センターは(財)東京顕微鏡院、食品・環境科学センターに「各種配管材料の抗菌性に関する細菌学的比較」に関する実証試験を委託しました。 
この試験は、①銅管、②塩ビライニング鋼管、③ステンレス鋼管、④ポリエチレン管、⑤架橋ポリエチレン管、⑥硬質塩ビ管、⑦ポリブテン管の7種類の管材を用いて実施。大腸菌を10万~50万CFU/mLの濃度にし、管材検体に入れ、菌液を採取して検査しました。 

試験の結果、銅管をのぞく各試験体は大腸菌の生存数低下をもたらす能力はありませんでしたが、銅管を用いた試験結果には、この作用が認められました。 

銅管は他の金属およびプラスチック系管材と違い、きわめてすぐれた抗菌特性をもっていることが、この試験で実証されました。 http://www.jcda.or.jp/koukin/koukin4.html 



http://www.jcda.or.jp/news/hospital_copper.pdf 


「自然の力 銅の殺菌力」 

院内感染を抑えるための新しい手法 


フローレンス ナイチンゲール (看護の先駆者) 
医療機器はじめすべての器具を徹底的に洗浄、床磨きで 
コレラ、チフス 赤痢の死亡率が 42%から2%に激減・・・それから150年院内感染は驚くべき水準で増加している・・・ 

米国環境保護庁(EPA)・・・・銅合金表面はヒト病原菌2時間以内に99・9%死滅させる・・・ 

http://www.jcda.or.jp/center/shuppan/pamphlet/pamph12.pdf 


http://www.jcda.or.jp/news/deodorization.pdf