日本初のPAD治療用薬剤溶出ステント承認デバイスラグ解消に貢献

2012.04.27

 

「国際共同治験」 

日本初のPAD治療用薬剤溶出ステント承認デバイスラグ解消に貢献(クック メディル) 


この承認は、大腿-膝窩動脈領域を適用とするステントとして日本初であるばかりでなく、PADに対する薬剤溶出型のステントとしても日本で初めて承認された製品です。 

本製品は、日本を含めた国際共同治験が実施された後、日米同時に申請されました。欧州を始めとする各国での承認に続き、このほど米国に先駆けて日本で承認されました。 



http://www.cookmedical.co.jp/press/PR120203JP01JP.html