日本医学ジャーナリスト協会・公開シンポジウム



日本医学ジャーナリスト協会・公開シンポジウム 
      
  
  日本医学ジャーナリスト協会は、新春、公開シンポジウムを1月23日(土)に開きます。 

この日は協会の賀詞交歓会を引き続き開催いたしますので、会員、関係者の多くの参加をお願いいたします。 


 公開シンポジウムは政権交代を受けて誕生した鳩山新政権の医療政策を中心に、医療界とジャーナリストが自由に意見を交換し、医療制度の将来ビジョンを討論することを目的としています。 

 日本医学ジャーナリスト協会は本年5月に公開シンポジウム「医学ジャーナリストを問う―衰退する検証力と発信力」を開催しましたので、その 第二弾と位置ずけ、 

タイトルは「第二回 医学ジャーナリストを問う―医療界からのメッセージ」 といたしました。 
パネリストとして、医師側から3人、またメディア側から新聞社代表3人に参加していただき、議論を重ねます。是非、ご参加ください。 

シンポジウム終了後には、恒例の賀詞交歓会を開催しますので、会員の皆様には引き続きご参加ください。 
  
  <日本医学ジャーナリスト協会・公開シンポジウムと新年賀詞交歓会> 
日 時: 2010年1月23日(土) 

■シンポジウム 14:00~17:30 
■賀詞交歓会 18:00~ 20:00(予定) 
タイトル: 「第二回 医学ジャーナリストを問う―医療界からのメッセージー」 
会 場: アルカディア市ヶ谷(旧私学会館) (地図参照)  
http://www.arcadia-jp.org/access.htm 

千代田区九段北4-2-25 TEL:03-3261-9921 
JR線・地下鉄有楽町線・地下鉄新宿線市ヶ谷駅前。  

パネリスト: 
 足立信也(厚生労働大臣政務官、医師)(調整中) 

亀田信介(亀田総合病院院長) 

本田 宏(埼玉県済生会栗橋病院副院長) 

大牟田透(朝日新聞医療グループエディター) 

斗ケ沢秀俊(毎日新聞科学環境部部長) 

井深太路(読売新聞社会部次長)  

モデレーター: 水巻中正(国際医療福祉大学大学院教授) 
会 費: ■シンポジウム 無料 

■賀詞交歓会5,000円 
  (会員・非会員とも。当日会場でお支払いください) 
  
申込方法: 非会員の方は、お名前、所属、連絡先の記入とともに、1月23日のシンポジウム参加と賀詞交歓会参加希望と明記の上、FAXで下記までお申し込みください。 

― 申し込み先とお問い合わせ先 ― 

日本医学ジャーナリスト協会 事務局 担当:古阪 
Tel. 03-5561-2911 Fax. 03-5561-2912