上野原市立病院建設基本設計及び実施設計者選定委員会会議要旨

上野原市立病院建設基本設計及び実施設計者選定委員会会議要旨 

1.日 時 平成22年3月28日(日)10:30~16:00 

2.場 所 上野原市役所文化ホール棟3階会議室5・6 

3.出席者 
【委員長】小幡尚弘 上野原市副市長 
【委 員】清水 博 上野原市福祉保健部長・長田喜巳夫 上野原市議会病院建設促進特別委員会委員・岩堀幸司特定非営利活動法人医療施設近代化センター常務理事・長 隆 東日本税理士法人代表・伊東紘一 社会福祉法人恩賜財団済生会常陸大宮済生会病院長 
【事務局】里吉利行 総務課長・山口昌美 総務課管財担当リーダー水越智徳 総務課管財担当員・佐藤和弘 病院対策課長・石井源仁 病院対策課病院対策担当リーダー 


4.会議内容について 
(1)開会 
(2)事務連絡 
(3)委員長あいさつ 
(4)議事 
①技術提案書のヒアリングについて 
②技術提案書の特定について 


【会議内容要旨】 
1 はじめに事務局より、遠藤委員が都合により辞任た旨と技術提案書の提出者として5者を選定したが、(株)梓設計が辞退した旨の連絡。 

2 技術提案書の評価方法と記入方法について事務局より確認の説明。 

3 続いて、技術提案書の提出者4者について、ヒアリングを実施した。 

(以下ヒアリングにおける主な質疑回答) 

・・・1社目・・・ 
(委員) 
病院建設にとって一番大切なことは何であると考えか。 
(設計者) 
病院として運営されて初めて機能するもので、建物だけでは機能できない。 
運営を一緒に計画していく、その中でコミュニケーションを良くとり、同じ完成形をイメージできるかが大切である。 
(委員) 
1階のレイアウトで物品の管理室と厨房からエレベータへの動線と外来患者の動線との交錯については、どうなのか。 
(設計者) 
もう少し大きい病院であれば、外来患者用のエレベータと物品関係のエレベータを分けるのが一般的であるが、135床の病院では4機のエレベータを設置することは過剰であると考える。エレベータ付近で物品の動線と外来患者との動線が交錯するが、コストパフォーマンスを考慮すると2機がベターであると考える。 
(委員) 
病院スタッフが働いてみたいと思う病院とは。 
(設計者) 
利用者にやさしい病院とは、患者だけでなく病院スタッフも含まれるので、スタッフにも働きやすい病院としたい。 
(委員) 
当直室であるが、2次救急に対応する病院として常勤医何名を前提にして設計しているか。
(設計者) 
看護師1名と医者2名を想定している。 
(委員) 
個室数について、利用率が8~9割に達すると、マーケティング等の調査結果による数か。
(設計者) 
個室率については、設計の質疑回答の中で、10%を目途にとなっていたもので、マーケティングは行っていない。 
(委員) 
建築についての費用は医業収益の範囲内でとあるが、24億円の費用が毎年の医業収益で可能と考えるのか。 
(設計者) 
平成16年度の病院事業会計の金額が24億円計上されているので、事業投資額として、この金額が限度になると思う。一般民間病院の2~5%の利益率で考えている。 
(委員) 
4人部屋で手洗いを部屋の奥にしているが、床が濡れたり汚れたり等の問題が発生すると思うがそれについての対策は。 
(設計者) 
清掃のし易い素材を考えている。また、衛生陶器を深い型の大きいものにし、部屋の隅に角を作らない構造にして防止したい。 
(委員) 
MRIが救急スペースから離れているが、CTとMRIは救急の場合直ちに必要とすることが多いが、どうなのかと思う。 
(設計者) 
MRIについては、階高の問題から病院棟から離している。その中ではできるだけ救急に近い位置としている。 


・・・2社目・・・ 
(委員) 
提案内容が開発行為にとなるが、スケジュールの関係で大丈夫なのか。 
(設計者) 
我々が手がけているものは開発が伴うものが多く、経験は十分あるので、今回も問題ないと考えている。ただ、平均地盤面からは風致地区の規制10mを超えるが、ただし書きの規定により可能であると考える。人員配置については、他の部署、大阪の事業部からの応援もできるので十分対応可能であると考えている。 
(委員) 
もう少し具体的な方法の提案はないのか。 
(設計者) 
ヒアリングの機会を頻繁にして、要求を受け入れながらも設計者の意図を反映していくかが重要である。 
(委員) 
病院スタッフが安心して働けることに対して設計上できることは。 
(設計者) 
我々は、基本設計及び実施設計の各段階において各部門から2回以上ヒアリングを実施している。その際に細かい要望を