山梨 上野原市立病院の建て替えめぐり粉糾



山梨・上野原市立病院の建て替えめぐり紛糾(2010/03/02  キャリアブレイン) 
    
山梨県上野原市の市立病院建て替え計画をめぐり、市と地元医師会が対立している。 
医師会側は2月下旬、設計業者などを決める市の「選定委員会」について、メンバーの過半数を市外出身者が占めていることなどに抗議する書面を江口英雄市長に提出。 
学校医としての役割や予防接種の窓口業務など、市の医療行政への協力を来年度から辞退する方針を示したため、一部の新聞で報じられる騒ぎとなった。 

これを受けて江口市長は3月1日、市内で記者会見を開き、「(医師会側と)早急に話し合う機会を持ちたい」と局面打開に前向きな姿勢を見せたが、医師会側が求める委員の変更には応じない考えで、解決の糸口はつかめていない。(敦賀陽平) 


老朽化した施設を建て替えるため、市では7年前から新病院の建設をめぐる議論がスタート。 
2008年春に発足した「上野原市立病院建設委員会」は同年10月、建設に関する基本計画をまとめ、奈良明彦市長(当時)に提言した。 
 それによると、病床数は135-150床(50床は回復期リハビリテーション病棟)で、診療科は外来10科(内科、小児科、外科など)、入院4科(内科、外科、脳神経外科、整形外科)とし、1日500人の外来患者を想定している。 

 奈良市長の退任に伴う市長選で昨年2月に初当選した江口市長は、県内にある富士吉田市立病院で院長を務めていた元医師。 
前市長体制が22年も続いたことから、随意契約の見直しや契約金の変更など、一貫して「行財政改革」に取り組んでいる。 
  
昨年秋には、外部の有識者でつくる「専門委員会議」を立ち上げ、新病院の事業費を含む基本計画の見直しに乗り出した。 
同会議のメンバーには医師会の代表が含まれておらず、これが今回の問題の火種になったとみられる。 
基本計画に反映されている医師会の意見がほごにされるとの危機感からだ。 

■「こんなやり方で抗議したくなかった」―医師会長 

 上野原医師会の渡部一雄会長によると、昨年12月の定例議会で江口市長は、「地元の医師会をはじめ、(指定管理者の)地域医療振興協会との協力体制を軸として、議員の皆さん方のご支援を頂き、(平成)24年(2012年)春には開院できますよう、スピード感を持って魅力ある病院づくりを目指してまいりたい」と答弁し、医師会側はこれを基本計画通りに進めると解釈した。 

その後、江口市長が2月5日、市外出身者が過半数を占める選定委員会を発足させたため、医師会側は発言を撤回したと受け取り、昨年秋以降の不満が噴出する形で、今回の抗議に発展したという。 
 キャリアブレインの取材に対し、渡部会長は「本当は医師として、こんなやり方で抗議したくなかったが、地元以外の人間に自分たちの医療を決めてほしくなかった」と苦しい胸の内を明かすとともに、「いつでもチャンネルは用意している」と、市長側との話し合いに応じる考えを示した。 

■「同じ医師として大変遺憾」―市長 

 「医療者の倫理に反するもので、同じ医師として大変遺憾」―。1日の会見で江口市長は、医師会側の対応を批判した。その一方で、「できるならば、(市への協力を)引き続き医師会にやってほしい」とも述べ、県医師会などに協力を求めながら、月内の問題解決に向けて努力する姿勢を見せた。 

(上野原医師会が 批判する委員一覧) 
【委員長】小幡尚弘 上野原市副市長 

【委 員】 
清水 博 上野原市福祉保健部長 

尾形重寅 上野原市議会病院建設促進特別委員会委員長 

岩堀幸司 特定非営利活動法人医療施設近代化センター常務理事 

長 隆 東日本税理士法人代表 

伊東紘一 社会福祉法人恩賜財団済生会常陸大宮済生会病院長 

遠藤誠作 福島県三春町保健福祉課長・総務省地方公営企業アドバイザー