総務省 公立病院改革プラン実施状況等の調査結果



総務省 

平成22年12月24日 

公立病院改革プラン実施状況等の調査結果(調査日:平成22年9月30日) 
  
総務省は、「公立病院改革ガイドライン」(平成19年12月24日策定)において、病院事業を実施する地方公共団体に対し、「公立病院改革プラン」を策定し点検・評価・公表するよう要請しました。 
これを踏まえ、平成22年9月末現在での各地方公共団体の「公立病院改革プラン」の実施状況等について調査を行いましたので、別添のとおりその結果をお知らせします。 

【概 要】 
I.公立病院改革プランの策定状況(調査対象:病院事業実施637団体) 

○ プラン策定団体数 
  都道府県では46団体、市町村では589団体、合計635団体(99.7%)[904病院]がプランを策定。 


※公立病院改革プラン策定状況等の調査結果(調査日:平成22年3月31日、平成22年5月26日報道発表)における策定病院数は928病院であったが、プランを新たに策定した病院(7病院)がある一方、診療所化や民間譲渡等により減少した病院(31病院)もあり、平成22年9月末現在で904病院となっているもの。 

II.公立病院改革プランの実施状況等(調査対象:プラン策定904病院) 

○ 経常収支黒字化に係る計画 
  平成21年度に経常収支が黒字の病院は、369病院(40.8%)[プランでは280病院(31.0%)]。 
  また、ガイドラインにおける目標年度である平成23年度に経常収支の黒字化が見込まれる病院は、628病院(69.5%)[プランでは592病院(65.5%)]。 

○ 再編・ネットワーク化に係る計画 
  平成21年度に再編・ネットワーク化計画を策定した病院は、79病院(8.7%)[プランでは86病院(9.5%)]。 
  なお、「策定を予定していない」病院は、109病院(12.1%)[プランでは137病院(15.2%)]。 

○ 経営形態の見直しに係る計画 
  平成21年度及び平成22年度(4月~9月)に経営形態の見直しを実施した病院は、110病院(12.2%)。 
  なお、「実施を予定していない」病院は、178病院(19.7%)[プランでは261病院(28.9%)]。 


III.都道府県による公立病院等の再編・ネットワーク化推進に係る計画・構想等の策定状況(調査対象:47都道府県) 
 「策定済み(一部策定団体を除く。)」は36団体(76.6%)、「平成22年度策定予定」は5団体(10.6%)、「平成23年度以降策定予定」は6団体(12.8%)。 



IV.公立病院改革プランの平成22年度における点検・評価・公表の状況 
(調査対象:プラン策定団体(635団体)のうち、平成22年度にプランを策定した団体等(5団体)を除く630団体) 

○ プランの点検・評価・公表の状況 
  都道府県では39団体、市町村では577団体、合計616団体(97.8%)が点検・評価を実施済み又は実施を予定(都道府県では36団体、市町村では573団体、合計609団体(96.7%)が公表済み又は公表予定)。 


※ 病院ごとの詳細については、今後ホームページ更新予定 
連絡先 

自治財政局地域企業経営企画室 
担 当:辻井補佐、千葉事務官 
電 話:(代表)03-5253-5111 
           内線 23339 
    (直通)03-5253-5642 
FAX:     03-5253-5644