「スーパー総合病院」先取りの南房総/長隆氏の講演を聞いて/亀田医療グループの先進性を確認

 

TOP

「スーパー総合病院」先取りの南房総/長隆氏の講演を聞いて/亀田医療グループの先進性を確認 
 長隆氏の講演「病院再生~スーパー総合病院を目指して~2010」を聴講した。(館山直太郎さんブログ引用させていただきました) 

 千葉県南房総で亀田医療・介護グループのサービスに慣れているBlog子にとっては耳新しいことはなく、すでに体験していることばかりで、同グループの経営の先進性を改めて確認するにとどまった。 
 これは同グループ経営陣の優れたリーダーシップと、意思決定を素早く経営に反映できる組織の仕組みによるところが大きいことは大いに認め、評価もするが、裏返せば経営内容の透明性の欠如や強力な少数経営陣による独断・専攻の可能性を秘めているわけで、今後は、そうしたマイナス面が生じる可能性をいかに抑えるか、が重要だ、と感じた。 

 長氏が問題にしているのは、非効率な病院運営を自らただすことが出来ない公立病院の体質だ。税金の投入が当たり前になっていて、赤字経営に対する危機感が欠如するなど経営感覚が麻痺している。このために国や自治体の財政状況が悪化して一般会計からの赤字補てんが困難になると、たちまち破たんに追い込まれる。 
 ただ、住民の命と健康が人質になっているために、病院を簡単に潰すわけにはいかないが、「地域医療を守る」という大義名分も通らないほどに自治体の財政事情はひっ迫している、というのが長氏の指摘だ。 

 長氏の「スーパー総合病院」の定義は 
・医師200人以上、病床1,000床以上の規模 
・二次医療圏(orより広域)における中核病院 
・医師派遣等に係る拠点機能 
・地域の病院機能の再編成、病病、病診連携の中核 

 これはまさに医療法人鉄蕉会(亀田隆明理事長)が率いる亀田医療グループがピッタリ当てはまる。しかも、先の旧安房医師会病院(館山市、現社会福祉法人安房地域医療センター)の経営危機に際しては、同会とは表裏の関係にある社会福祉法人太陽会(亀田信介理事長)が経営委譲の受け皿となり、単に立て直しただけではなくて、さらに医療サービスを充実させた実績がある。 
 まさに「地域の病院機能の再編成の中核」としての役割を立派に果たした。 
 旧安房医師会病院の経営危機とほぼ同じ時期に経営危機が表面化して結局閉鎖に追い込まれた銚子市立病院は、「地域医療を守る」という使命を果たせていないどころか、再建の目途もたたないまま国や地方自治体の金食い虫となっている。 
 また、確たる経営理念を欠いた出武地域医療センター構想も壮大な税金の無駄遣いに終わるのではないか、と危惧されている。 

 そんな現状を考えると、Blog子は、基本的な医療ニーズが満たされている南房総に居住する幸せを感じないわけにはいかない。 
 それはこういうことだ。 
 Blog子は、身体の不調を感じると、車で10分足らず、歩いても30分はかからない亀田ファミリークリニック館山で診てもらう。 
 ここはいわゆる「家庭医」のグループ診療施設で、しっかりした初期診療(プライマリーケア)が期待できる。 
 医療法人鉄蕉会傘下(いわゆる亀田医療グループ)なので亀田メディカルセンター(鴨川市)と電子カルテが共有されていて、どちらの医師に診察してもらう場合でも、Blog子の年1回の人間ドックの検査結果はもとより、過去の病歴を参考にしてもらえる。 
 亀田メディカルセンターの三次救急も、まだ実際に利用したことはないが、原則、受け入れ拒否はなく、充実している、と聞く。 
 難を言えば、Blog子の居住地から亀田メディカルセンター救命救急センターまで片道車で約40分かかることだが、安房地域医療センターが二次救急を充実させて救急患者を24時間365日受け入れる体制作りが本決まりとなったので、これが実現すれば、救急についても問題はなくなる、と考えてもよさそうだ。 

 Blog子は東北や北海道に長く暮らしたことがあり、その時に体験した医療事情と比べると、南房総地域は非常に恵まれている、と思う。 
 それはまさに亀田医療・介護グループの存在を抜きにしては考えられない。 
 Blog子が南房総を終の棲家に定めた最大の理由は医療の安全保障が整っているからであり、それはつまるところ、 亀田医療・介護グループの医療サービスが充実している、ということにほかならない。 

 さらに、亀田医療・介護グループが最近打ち出した南房総の特区構想「安房ライフ・イノベーション国際戦略総合特区」にも大きな期待を抱いている。これは医療と介護の充実を雇用拡大に結び付けて地域の活性化を図ろうという野心的な試みだ。亀田医療・介護グループという他の地域にはない特徴を生かす、したがって他の地域には真似のできないことをやろうという発想が素晴らしい。 

 以上で述べたように、Blog子は亀田医療・介護グループを高く評価し、今後に期待もしている。 
 だから、以下で述べることは、「さらに望むならば」という但し書き付き話である。決して「批判」ではない。 

 すでに長隆氏が言うところの「スーパー総合病院」としての条件のほとんどを満たしている亀田医療・介護グループに望みたいことはただ一つ、南房総地域が抱えている様々なニーズを吸い上げる工夫だ。 
 「安房ライフ・イノベーション国際戦略総合特区」という壮大なプロジェクトを提案している以上、そのニーズは医療や介護にとどまらない。 
 亀田医療・介護グループのリーダーたちは、南房総の様々な利害を代表する人たち、例えば市民グループや商工、農漁業、行政との連携に努め、逆に市民グループや商工会議所、館山市(行政、議会)は、亀田医療大学開設はじめ来たるべき特区構想にも2人3脚で臨むべきである。 

第1回 病院再生セミナー in東京~企業再生支援機構の病院再生の取り組み~ 22・12・6 東京商工会議所ビル7F「国際会議場」  参加費無料