地域医療振興協会撤退の真相

 

『地域医療振興協会撤退の真相』 

共立湊病院組合議会 将来構想調査特別委員会   
     委員長  山田  直志 
     (乃木坂スクール講演記録 2010・12・4 抜粋) 

(その1 地域医療振興協会の対応について) 


「撤退発言」を行い 移転と新病院建設を催促した協会の動向 

① 公募に応ぜず、その後2回の要請では回答さえ出さなかった。 
平成21年の公募に応ぜず、理事会で撤退を決定した。 

その理由は、 
① 減価償却相当の負担は重い。 
② 19億円の建物では地震なども心配 
③ 4億円程度の医療機器では十分な医療困難 


② 50億円の病院計画を県と推進 
県が協会と相談して提示した計画案では、総事業費約50億円 
市町の財政負担が2億5千万円程度見込まれていた。 
支援していた町長でさえ、この計画では無理と公募を認める態度 
  

③ 同じ医療圏で隣町の河津町、新病院建設を自己資金で行う計画が。 
救急を行うためにと民間の伊豆下田病院(療養60床)を購入今井浜駅裏の土地を購入し、1期60床、2期90から145床を計画