現場からの医療改革推進協議会




現場からの医療改革推進協議会 
2010年11月13日(土)13:00〜18:00・ 14日(日)12:30〜18:00 
東京大学医科学研究所 大講堂  

第5回シンポジウム プログラム(敬称略・プログラム順または五十音順) 
11月13日(土) 

1)開催のご挨拶 13:00 
林 良造(東京大学公共政策大学院教授) 

2)医療改革の現在 13:05〜13:30 
 周産期医療の崩壊をくい止める会 佐藤章先生追悼 
 海野信也(北里大学産婦人科学講座教授) 
 鈴井直子(超低体重児出産育児経験者) 
小野俊介(東京大学薬学系研究科准教授) 

3)医療とデザイン/アート 13:30〜14:20 
細山田光宣(細山田デザイン事務所社長) 
広瀬麻美(展覧会企画者) 
小林一彦(JR東京総合病院血液内科主任医長) 

4)医療ガバナンス 14:30〜16:00 
内田健夫(医師、医療法人社団内田医院理事長) 
郷原信郎(弁護士、郷原総合法律事務所代表) 
中澤堅次(医師、NPO法人医療制度研究会理事長) 
平野啓一郎(作家) 
宮崎 学(作家) 
宮台真司(社会学者、首都大学東京教授) 
久住英二(医師、ナビタスクリニック立川院長) 

5)薬害問題とラグ問題(ワクチンラグ・ドラッグラグ・デバイスラグ) 16:00〜18:00 
小山万里子(ポリオの会代表) 
坂田和江(薬害肝炎九州訴訟原告、薬害肝炎検証委員会委員) 
黒岩祐治(ジャーナリスト、国際医療福祉大学教授、厚生労働省 厚生科学審議会 感染症分科会 予防接種部会委員) 
高畑紀一(細菌性髄膜炎から子どもたちを守る会事務局長) 
薗部友良(日本赤十字社医療センター小児科顧問) 
村重直子(医師、元厚生労働省大臣政策室政策官) 
○懇親会 18:30〜20:00 (会費:3000円、場所:医科研生協食堂) 

11月14日(日) 

6)提言 12:30〜13:00 
篠原三恵子(「制度の谷間のない障害者福祉の実現を求める実行委員会」「慢性疲労症候群をともに考える会」共同代表) 
山野嘉久(聖マリアンナ医科大学難病治療研究センター准教授、「日本からHTLVウイルスをなくす会」顧問) 

7)医療費負担 13:00〜14:00 
天野美知子(LCH(ランゲルハンス細胞組織球症)患者会) 
児玉有子(東京大学医科学研究所特任研究員) 
松井彰彦(東京大学大学院経済学研究科教授) 
馬上祐子(小児脳腫瘍患児家族) 

8)個別化医療 14:00〜16:00 
大澤幸生(東京大学大学院工学系研究科システム創成学専攻教授) 
中村祐輔(国立がん研究センター研究所所長) 
野田哲生(癌研究会研究所所長) 
宮野 悟(東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センター教授) 
上 昌広(東京大学医科学研究所特任教授) 

9)医療供給体制 16:00〜18:00 
片山敏宏(成田市副市長) 
亀田隆明(医療法人鉄蕉会理事長) 
久住英二(ナビタスクリニック立川院長) 
中村丁次(神奈川県立保健福祉大学教授、日本栄養士会会長) 
松澤一美(東日本旅客鉄道株式会社) 
松田 学(言論NPO理事、元財務省官僚) 

10)閉会のご挨拶 18:00 
高久史麿(自治医科大学学長) 
○懇親会 18:30〜20:00 (会費:3000円、場所:医科研生協食堂) 
指定発言(予定) 
足立信也(医師、前厚生労働大臣政務管、参議院議員) 
梅村 聡(医師、参議院議員) 
鈴木 寛(文部科学副大臣、参議院議員) 
世耕弘成(参議院議員) 
仙谷由人(衆議院議員、内閣官房長官) 
三原じゅん子(参議院議員) 
※当日変更の可能性があることをご了承ください。