新上野原市立病院:産科開設に市長意欲 理事長・院長は難色

新上野原市立病院:産科開設に市長意欲 理事長・院長は難色 /山梨 
2010.10.06 毎日新聞  
  

 12年春に開院予定の上野原市の新市立病院に産科を開設するかどうかを話し合う「市立病院管理運営協議会」(会長・江口英雄市長)が5日、市役所で非公開で開かれた。 
終了後に会見した江口市長は「産科開設は公約。開院時に開始できなくても30~50年先を考えれば産科スペースがあるのが望ましい」と述べ、年内までに作成する新病院の実施設計に産科を盛り込む方針を表明した。 

 会議は、江口市長ら市幹部4人と、病院側から両角敦郎院長▽病院を運営する公益社団法人・地域医療振興協会の吉新通康理事長ら3人が出席した。 

 会見で江口市長は「住民アンケートや地区説明会では産科を望む声が強い」と説明した。

 一方、吉新理事長は「現在の常勤医師は9人だが、産科開設には最低3人交代で必要になる」と医師確保に懸念を表明。両角院長は「医師不足は現実として立ちふさがっている」と、産科開設への難しさを語った。 

 市側と病院側は今後も話し合いを続け、一致点を探る。毎日新聞の取材に両角院長は「市民の税金を無駄にしてよいのか。(産科スペースを作れば)赤字が出る」と話した。 

 新病院の産科開設を巡っては、09年2月の市長選で初当選した江口市長が公約とし、病院側は「医師確保や採算面で困難」と対立している。市立病院は05年春から産科を休止している。 

 この日の会議は病院側は公開を容認。江口市長は「これまで公開していない」として非公開となった。【福沢光一】 


山梨県上野原市/市立病院移転/11年早々に工事発注 
2010.10.06 日刊建設工業新聞   
  

 山梨県上野原市は、老朽化が進んでいる市立病院の移転新築に向けて、11年早々に施工者を選定するための入札手続きに入る方針だ。 
市によると、現段階で規模は3階建て延べ9412・70平方メートルを想定。 
11年3月に契約を結び、365日の工期を見込んでいる。 
設計は、内藤建築事務所が担当している。 

 市立病院の移転先は上野原市上野原3504の3。旧上野原中学校跡地の市営グラウンドで、敷地面積は約1万1000平方メートル 
。災害に強い病院とするため耐震構造を採用する計画で、病床数は135床(一般急性期3病棟うち回復期リハビリテーション病棟1)としている。 

 現在の上野原市立病院の所在地は上野原市上野原3195。1万1993・6平方メートルの敷地内には、4階建ての本館をはじめ、3階建ての管理棟や2階建ての医局棟などがある。 
施設全体の総延べ床面積は6433・1平方メートル。病床数は150床。竣工が70年で施設の老朽化や狭あい化が進んでいることや、地域医療を取り巻く環境が大きく変化してきていることなどから、市は市立病院を移転することにした。 


初協議、対立なお 上野原新病院建設めぐり、市側と病院側 /山梨県 
2010.10.06 朝日新聞  
  

 上野原市の新市立病院建設をめぐって、江口英雄市長ら市側と病院側が、産科再開と高度救急医療の必要性について意見対立している問題で、両者は5日、同市役所で協議会を開いた。 
溝を埋めるための事実上の初協議だったが、合意は得られなかった。 
だが「年内に設計完了」をめざす点では一致し、妥協点を探る協議を今後急ぐ方針だ。 

 非公開で行われた「病院管理運営協議会」には江口市長や、同市立病院を運営する公益医療法人・地域医療振興協会の吉新通康理事長、両角敦郎院長らが出席。両者は会合終了後に記者会見した。 

 この春以降の設計に関する協議で、江口市長は 
(1)産科設置 
(2)心臓カテーテル検査もできる血管造影室の設置――という2点を要望。 
両角院長は会見で、「市長の案にはいまのところ同意できていない」と意見の違いを明言し、この日の会合で2点に関する疑問や質問を正式に伝えたという。 
院長は「その回答をみて対応を決めたい」と述べた。 

 江口市長は会見で、昨年の市長選で「産科再開」を公約として当選した経緯などを改めて強調。 
「50年近くもたせる病院だけに、開院時には医師の確保ができないにせよ、産科スペースを作っておくことが望ましい」と述べた。 

 この日の協議で溝は埋まらなかったが、吉新理事長は着工に向けた「タイムリミット」に間に合わせる考えを明らかにし、市長も「一致点を見つけながらいい病院にしたい」と語った。 
「2012年春開院」という目標に沿った建設計画は遅れているが、年内設計完了に向けた両者協議の動向が今後の焦点になる。(永持裕紀)