山形市 日本海総合病院 増築完成をお祝い申し上げます。



山形市 日本海総合病院 増築完成を お祝い申し上げます。 
22年上半期の業績も極めて順調のようです。山形県立総合病院と酒田市立病院の対等合併だけでも 大変なのに 
救命救急センターまで開設されるとは敬服です。 
総務省が 公立病院改革の最優良モデルにしただけのことはあります。 
全国から 独立行政法人化を目ざす 公立病院関係者の視察が 殺到しているようです。 


  
日本海総合病院の新棟公開 「高度」「救急」強化に期待 
2010年08月23日  山形新聞 
  
日本海総合病院の新棟を視察する関係者=酒田市  酒田市の日本海総合病院の増築工事が終了に近づき、運営する地方独立行政法人山形県・酒田市病院機構は23日、新棟の内部を県や市の関係者、報道機関に公開した。 

庄内地方で初となる地域救命救急センターを設置。 
庄内の中核医療機関として高度専門医療や救急医療の強化が期待される。 

 鉄筋5階建てで延べ床面積は1万5600平方メートル。増築により病床数は118増えて646床、外来診察ブースは17増えて53ブースとなる。 
手術室は5増の12室に。 
検査機能、放射線、周産施設なども増強し、屋上には融雪装置付きのヘリポートを整備した。 

 同機構法人管理部によると、地域救命救急センターは医師3人が常駐、より重症の救急患者に対応できる。2011年4月の稼働を予定。 
人口30万人程度の地域に設置が認められており、県内では公立置賜総合病院(川西町)に次いで2つ目となる。 

 総工事費は約52億円、医療機器購入費は約10億円。8月末に完成し、9月から順次、日本海総合病院、酒田医療センターの機能を移転する。 
10月1日から一部の科の診療を始める。 

 日本海総合病院と酒田医療センターは08年4月、県立日本海と市立酒田両病院の再編統合に伴い、それぞれスタートした。 
今回の増築は日本海総合病院に医療機能を集約する目的で、同センターから消化器内科、精神科、整形外科などが移される。同センターは病床数114で、リハビリや在宅復帰の支援など療養型医療サービスの提供を担う。 

 この日は約40人が視察した。吉村美栄子知事は「最先端の技術が用いられており、庄内の人たちにしっかりした医療が提供されると思う」と話していた。9月12日に一般向けの内覧会がある。 
  
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
1Fには コンビに ローソン、 コーヒーショップ ベーカリカフェもありますね・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・増築棟完成に伴い、平成22年9月から10月にかけて、段階的に外来診療科の移動、病棟の病床配置変更を行います。 
 患者さま、ご来院の皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解ご協力をお願いします。 
 救命救急センターは、平成23年4月1日開設予定です。 
 人間ドックは平成23年度から実施予定です。・・・だそうです 

http://www.nihonkai-hos.jp/hospital/modules/smartsection/item.php?itemid=69