小樽市医師会 基本設計費可決後に市と懇談会



小樽市医師会 基本設計費可決後に市と懇談会 (小樽ジャーナル2010/06/14) 

小樽市議会第2回定例会・予算特別委員会で新病院の基本設計費4,300万円が可決された後の6月14日(月)18:30~20:30、小樽市医師会(津田哲哉会長)と小樽市病院局(並木昭義局長)との懇談会が、医師会館(富岡1)で行われた。 

 懇談会には、医師会から、津田会長をはじめ、近藤真章・阿久津光之副会長、大庭久貴・外園光一・髙村一郎理事。病院局から、並木局長をはじめ、鈴木隆・馬渕正二両院長、事務局が参加したが、市長や副市長らは出席しなかった。 

 今回は、「報道関係から公開して欲しいと要望があったが、市側から今回は出来ないと言われた。 
今後公開しようということになった」と、非公開で行われた。 

 約2時間の懇談会終了後、同医師会は、記者会見を開いた。 
「小樽ジャーナル、それから道新の取材を受けた時に、市当局に話し合いの場をぜひ欲しいと言った。 
その間にも、市立病院について、色々議会が進みましたが、新聞の情報を読んでいると、色々な問題点があり、今日は、市当局と質疑応答の形で行った。 

 ネットワーク化協議会の位置づけに対し、意識、問題点の捉え方に温度差があったことはお互いに認めました。 
その温度差を埋めていくのはこれからの問題です。 
ただ、ネットワーク化協議会の最終報告の最後のその他の項目で、市内の医療情勢が変わった場合に、この協議会を持つという文言がありますので、この協議の場を持つということを提案し、医師会と市当局との話し合いを今後確実に継続することを確認しました。 

 話し合いで印象に残ったことは、医師会と市立病院当局で話し合えば意識の差を埋めることが出来ると思った。 
その上で、今後の市立病院を含めた市内の医療を、改めて同じ土俵で話し合っていくことが必要と思った。 
市議会の先生や報道関係の方々と情報交換をしながら、病院問題を進めていきたい」(津田会長)と報告した。 

 高村理事は、「小樽市、医師会双方で、市民の健康を守るために、安定的な状態で運営されることを考えていかなければならない。 
新築プランを説明してもらったが、私たちは了承した訳ではなく、今後もたくさんある課題を話し合うとした。市議会で、新病院の規模は、小樽市医師会や病院がネットワーク化協議会で納得したものを基に作り上げたと言っているが、それは小樽市側の意見で、私たちは全く納得しておらず、意見の違いがあるということは了承頂いた。 

 小樽市が今構想している形で全適でやっていくのが良いとは思っていない。 
これからそれがふさわしいのか提言していく。 
新病院を建設すると、大きな負債を抱えるが、見通しがつくのか、その可能性を追求したい。 
30年間で返すということも言っているし、計画もあるが、それは単に言っているだけで、本当に実質的なものかは疑問だ。市の計画は、拙速で危ういもの。 

 本来、構想を始める前に、協議をするべきだった。 
大変遺憾だ。 
今後改めてもらいたい。今まで、医師会と小樽市が話す時は、事務方と私たちと話してきた。 
私たちがどんな提案をしても、小樽市は、これは既定事項で、市長の意向であると、ゼロ回答だった。 
今回は、病院の最高責任者と両病院長と話す機会があり、大変良い機会を得た。 
残念ながら、もう基本設計の予算が委員会で通ってしまったが、この中で、設計を終え、建築していくことが正しいのか話し合っていこうと決めた」。 

 阿久津副会長は、「市立病院は、どうあるべきか。 
今回、150億円近い金をかけて作る病院計画を、市民に情報公開しているのか。 
結果として、うまくいかなかったとき、市民に負担をかけることは非常に問題だと質疑をさせてもらった。 
ベッド数は、これから小樽の人口が減ってくるので、この地域に本当に必要なベッド数を考えないといけない。 

医師会で388床は認めていない。 
再編ネットワーク化協議会で、市全体でこの地域にどれくらの病床数が必要か調整する場が必要。 
このままの計画で新市立病院を建てると、民間の病院と全く同じ診療科になる。 
税金をつぎ込んで、済生会、エキサイ会、協会病院と同じような急性期病院をつくることは良いことなのか」 

 近藤副会長は、「再編ネットワーク化協議会の最終報告で、市内の医療状況が変わった時は、協議会をやろうという文言がある。 
私は、メンバーの一人で、これが生きていると思っていたが、市当局側は、それは全くないという答えで温度差があることが良く分かった。 
これが、市議会の答弁で使われたのはすごく残念だ」 

 津田会長は、「議会の人が、どういう風に我々の意見をとらえ、議案を通す時に生かしていくか。これまでそういう機会すらなかったことに怒りを覚える」と指摘した。医師会では、17日(木)の市立病院調査特別委員会までに、再編ネットワーク化協議会の再開を求める要望書を市に提出する意向を固めた。 



新病院基本設計費 市議会予算特別委で可決(小樽ジャーナル2010/06/14) 

小樽市議会第2回定例会の予算特別委員会3日目・6月14日(月)、新病院の基本設計費4,300万円を含む2010(平成22)年度一般会計・病院事業会計の補正予算案など5議案が、全会派一致または賛成多数で可決した。 
市議会は、事業費148億円の新病院計画(388床・23診療科)を、この日予定されていた病院局と医師会との懇談会を前に、予算特別委員会で山田勝麿市長提案のまま早々と可決してしまった。 
公明党の斉藤陽一良議員は、「敷地、病床数、診療科は、変わる可能性があるということか。 
今後とも具体的な中身を議論していきたい」。 
共産党の北野義紀議員は、「今回の予算特別委員会は、病院問題の集中審議の様相だった。
各委員たちも、建設費が高いと指摘してきた。 
建設工事の地元発注は、経済効果のプラスになるが、あまりにも高すぎる。 
基本設計を、久米設計に随意契約すると、結局高くなる。基本設計は随意契約ではなく、やり直せ」。 

 自民党の佐藤禎洋議員は、「基本設計について、修正可能な部分もあるので議論してやっていくと答弁を頂いた。 
年明けに建設工事の概算に入るというが、変更は可能か」と、与野党とも新病院の規模・機能・事業費について指摘した。 
平成会の大橋一弘議員は、「基本設計発注したあと、実施設計の起債申請、認可の時期は」と質すのみに終わった。 
民主市民連合の山口保議員は、全く質問しなかった。 

 採決では、結局、共産党を除く与党会派の賛成多数で、病院事業会計の4,300万円(うち一般会計からの繰入2,150万円)がすんなりと可決となった。 

 この議案に賛成した議員のコメントは以下の通り 

 「基本設計には賛成したが、これから具体的な部分を議論することは出来る」(自民党・横田久俊議員) 
「建設費、診療科について色々と意見があるのは承知している。 
市民の健康を守るためにある程度の規模は必要。 
これから詳しく議論をしていく」(同党・山田雅敏議員) 

 「納得はしていないが、議論する余地は残してくれた。 
これから色々なところで議論してもらって、僕らもそれに対して議論をさせてもらう。 
議会の皆さんも疑問に思っているところもあると思う。今後の基本設計が進む中で、進捗を提出してもらう。 
出されてから直せないということでは困るので」(同党・佐藤禎洋議員) 

 「規模・機能には、色々な意見があり、今後修正が可能だと思う、388床は変わらないが、診療科の修正については考えられる。 
388床はオーソライズされたが、何十年も先の議論になるが、適宜なダウンサイジングは出来るという答弁も出た」(公明党・斉藤陽一良議員) 

 「病床数を減らす増やすの議論はまだまだ必要」(同党・千葉美幸議員) 
病床数は異議なし。十分に医師会と議論したと局長が言っている」(民主市民連合・山口保議員) 

 「ノーコメント」(平成会・大橋一弘議員) 

  

成田祐樹 小樽市議会議員 naritayukiツイッター より・・・・   

小樽市病院事業の2病院移転新築統合計画が(また)動き出した。 
今回も財源が一番の問題になっているが、最優先されるべきは小樽市人口13万人、そのほかの後志圏ほぼ同数が必要とする医療サービスへのアクセスをどうやって持続的に提供していくのか。 
  
 記事から医師会の怒りが伝わります。 小樽市医師会 基本設計費可決後に市と懇談会:    本当にいいのか?? 新病院基本設計費 市議会予算特別委で可決 
現場の視点に立たないとわからない事は多いなとつくづく思います。 

 フォローありがとうございます。商大の先輩にあたるのでしょうか?サイトの方を存じ上ませんでしたが、非常に有用なサイトですね。ぜひ、この分野に関する情報をご指導いただけたらと思います。 

  堀部さんありがとうございます。 
今後一人会派ならではのテクニックなどご教授願えればと思います 計画の破綻は見えています。 
成田さんの熱い、けれども冷静な判断が必ずや評価される日がくると信じます。がんばれ!
返信 リツイート    @Londo9 ありがとうございます。行政と市民と医療の合間には大きな隙間があると思います。その間を埋める作業が必要。もちろん、現状で医療側から埋めるのは非常に難しい。行政と市民側からです。今後は議員としてやるのか、研究職がいいのかわかりませんが、埋める作業に関われたらと思います 
 ありがとうございます。ぜひ、色々現場のことを是非これからも教えてください。 
ありがとうございます。 
政治家になる為に議員になった訳でなく、病院問題をしっかりチェックするために議員になるという手段を使いました。今回、自分の納得いかないものを通すくらいならバッジを外します。 
   【会派離脱(基本設計反対)の理由】この基本設計にとても責任が持てない。 
議論不足。 
市内医療関係者の意向を全く汲み取っていない。 
148億の事業で、紙切れ1枚ずつの収支計画と起債償還計画なんてバカにしすぎ。 
全国的な例から見比べても明確に失敗するパターン。 
  
 いま、所属会派内で基本設計の予算に賛成の方針が示されました。 
自分以外の二人は賛成だそうです。 
これで、平成会からの離脱が正式に決まりました。 
21日の本会議前に離脱、採決に望むことになります。