高知医療センター「経営見通し甘かった」 企業団側、「PFI」検証



高知医療センター「経営見通し甘かった」 企業団側、「PFI」検証 /高知県 
2010.02.19朝日新聞  

 高知市池の高知医療センターを運営する県・高知市病院企業団の議員協議会が18日、同センターであった。病院の建設や運営に民間企業のノウハウを採り入れるPFI方式から3月末で撤退することについて、企業団側が検証結果を報告。病院直営方式になる4月以降の展望をまとめた「中期経営改善計画」を示し、2011年度に単年度黒字をめざすことを明らかにした。 


 検証の中で同企業団は、05年の開院から続く赤字の最大要因として、医業収益に対する医薬品などの材料費の割合が当初目標の23・4%から約30%に膨らんだことを挙げた。運営を委託されたSPC(特別目的会社)とコストを削減させたい企業団の交渉が難航し、「材料費の割合が実現可能な数値かどうかの検証が十分でなかった」と指摘。「経営の効率化の面で、期待した効果は現れなかった」とし、「両者とも病院経営に対して甘い見通しがあった」と分析した。 

 さらに「SPCだけでなく協力企業も、長期契約で保障されているという安心からか、積極的に業務を改善する姿勢が希薄だった」と述べた。 

 これに対し、議員からは「PFIの導入を選択したのは行政側。検証は民間に責任転嫁しすぎではないか」などの厳しい指摘が相次いだ。 

 中期経営改善計画では、13年度までの5年間の方針が示された。総務省が示す公立病院改革ガイドラインに従い、赤字解消をめざすことを明記。改善策として、11年度までに医業収益に占める職員給与の割合を、同規模の公立病院の平均値の48%にすることや、他の医療機関からの紹介で来院する患者の割合を60%以上に増やすことを盛り込んだ。 


高知医療センター PFI事業 県「民活期待しすぎた」=高知 
2010.02.19 読売新聞  
  
◆ノウハウ活用人材不足 

高知医療センター(高知市池)を運営する県・高知市病院企業団は18日、今年3月で契約を解消するPFI事業についての検証結果を明らかにした。病院の建設や運営に民間の資金とノウハウを活用するため、全国で初めて導入したが、検証では「民に対する過度の期待があった」と結論づけた。 
一方、報告を受けた同企業団議会の議員からは「なぜ短期間で契約解消に至ったのか、原因の検証が不十分」などと意見が出され、企業団側はさらに検証を深めるとした。 
検証では、PFI事業を行う特定目的会社(SPC)に、経営ノウハウを活用できる人材が十分に確保されていなかったと指摘。 
病院のサービスを向上させようとすれば、SPCなどに費用の負担が生じるといった矛盾もあったとした。 
医療用消耗品などの「材料費」が収益に占める割合が、契約より高く推移し、企業団とSPCが責任の所在を巡って議論したことの反省として、「確認とリスク分担の協議が結果的に不十分だった」とした。 

 さらに、「官民双方にメリットが必要だが、バランスが崩れれば成立しない」「30年の契約期間があまりに長すぎた」と問題点を挙げた。 

 報告を受けた議員側は「PFI事業を選んだのは行政。行政の責任という観点が不十分」「経営が圧迫された原因について十分な検証がない」などと指摘。山崎隆章企業長は「行政側の責任も含めて、さらに精査したい」と検証を続ける考えを示した。 

 医療センターは2005年3月に開院。09年、SPC側から契約解消が提案され、12月に合意した。同日、企業団が報告した中期経営改善計画(09~13年度)では、医薬品や消耗品の効率的な購入や管理、委託費の見直しなどで、11年度には単年度500万円の黒字化を目指すとしている