官の医療は復活するか?・・・Nikkei Medical 2010.6より抜粋