NHK 教育TV  ETV特集 「病院は建てたけれど~地域医療・混乱と模索の現場から~」

 


NHK 教育TV  ETV特集 
 「病院は建てたけれど~地域医療・混乱と模索の現場から~」
5月23日(日)午後10時00分~11時30分 

十和田市立中央病院・・・多額の赤字を出し続け、市の財政破綻にもつながりかねないとして、根本的な経営再建に乗り出した・・・番組では、外部の専門家を招き経営改革に乗り出した十和田市のケースを中心に、病院建築ラッシュが加速する「医療崩壊」の現実にスポットを当てる 
  
  
  立派な病院を新築したものの、肝心の医師が集まらず、オープン当初から巨額の赤字を計上する自治体が相次いでいる。 

医療崩壊に端を発する自治体の財政破綻が現実のものになろうとしているが、それでも大規模病院を新築しようという自治体は全国に後を絶たない。 

今年4月にオープンしたばかりの北秋田市民病院。 
90億円以上をかけて21診療科320床の市立病院を新築したが、予定の半数の医師しか確保することができず、真新しい病棟の半分は空いたままだ。 
病院運営は秋田厚生連に委託されているが赤字は全額市で補てんするという約束で、建設費の償還に加えて年間3~4億円と予想される赤字が市の財政にのしかかる。 


十和田市では2年前に164億円かけて新築した市立中央病院の経営が悪化。毎年10億円もの赤字を出し続け、銀行からの借入でようやく経営を維持する自転車操業に追い込まれている。 
このままでは市の財政を圧迫し、市自体が財政再建団体に転落しかねないと、この2月から経営検討改革委員会を立ち上げ、根本的な経営再建に乗り出した。 

こうした赤字病院の建設が続く背景には、ダムや道路などの公共事業に逆風が吹くなかで、「医療の充実」という謳い文句には異論が出にくいため、「公共事業最後の聖域」として期待されているという現実がある。 

そのため、過大に見積もられた需用(患者数)に基づいて、医師の確保のめどもないまま、各地で「身の丈を超えた病院」が建設されるのである。 

番組では、外部の専門家を招き経営改革に乗り出した十和田市のケースを中心に、病院建築ラッシュが加速する「医療崩壊」の現実にスポットを当てる。 

http://www.hp-chuou-towada.towada.aomori.jp/kento_iin/pdf/tousinsho.pdf 
  
  
ETV特集の解説・・・『ウィキペディア(Wikipedia)』 
ドキュメンタリー 放送時間 は89分 

2007年4月より、『ETV特集』は日曜22時からの放送になった(長年この枠で放送されていた『芸術劇場』は金曜22時30分に移動)。放送時間は番組内容によって異なる。基本的には60分だが、90分になることもある。 

番組は昨今の社会情勢を扱ったものを中心に随時、文化・芸術・科学・物理学などのテーマを取り入れ、ビデオとスタジオトークで構成している。 
近年、NHKは、趣味・語学番組など、視聴率の期待できる実利的な「ハウツー物」に力を入れる傾向にあり、教養系番組は、規模が大幅に縮小される現状にある。しかしながら、『ETV特集』は『NHKスペシャル』と並び、ギャラクシー賞[1]をはじめとする各種の賞を頻繁に受賞する番組として知られている。