医療圏を越えた 病床数 調整の実現を歓迎・・新城市市民病院と 豊川市民病院



『医療圏を越えた 病床数 調整の実現を歓迎・・新城市市民病院と 豊川市民病院』 



新城市市民病院改革プラン素案発表 病床70減らし効率化 新城市『201』に 豊川など南部医療圏には増床求める 
2009.01.30中日新聞 
  

 【愛知県】新城市は、医療圏をまたいだ連携を念頭に置いた市民病院改革プラン素案を発表した。利用率が低迷する病床を70減らして201にする。同市など東三河北部医療圏から患者を受け入れる豊橋市や豊川市などの同南部医療圏では逆に増床が必要として、両医療圏で歩調を合わせ、特例的に増減を求める計画だ。(阿部雅之) 

 県が定める医療圏ごとに病床数が定められているため、隣接する医療圏の一方の病床を減らし、もう一方を増やすよう求めるのは異例。 

 プランは総務省指針に基づき、全国の公立病院で年度内の策定が求められている。策定したプランは二〇〇九年度から三年かけて実施する。 

 同病院は医師不足で患者が減り、累積赤字は本年度三十一億円に上るが、住民意識調査では市民病院として再建を望む声が多い。 

 そこで、病床の一部を高齢社会に対応した回復期リハビリ病床に転換するほか、規模縮小などで効率化する。 

 北部医療圏からの患者は南部医療圏のうち特に豊川市民病院に多く流れているため、素案では特に同病院との連携強化の必要性を強調し、具体的検討を進めるとしている。 

 赤字が膨らむ中で公設民営化などの選択肢もあるが、穂積亮次市長は「病院は必要という市民合意がある。今の状況なら公設公営のままやっていけると判断した」と説明した。プランは意見を募って修正し年度内に策定する。 



(参考) 

シンポジウム 抜粋 
「豊川市民病院の現状を理解していただくために」 

平成20年12月4日 

■豊川市長あいさつ 

◎山脇実市長 
新しい市民病院の候補地を9月に名鉄八幡駅前に決定させていただいた。一日でも早く市民の皆さんに信頼される市民病院を全庁、一丸となってつくっていきい。皆様方のご協力ご支援をよろしくお願いしたい。 
今、自治体病院を取り巻く環境には非常に厳しいものがあり、産科を含めた医療事故が連日のように報道されている。 
医師不足では新城市民病院が救急患者を受け入れられない、蒲郡市民病院も一部病床を閉鎖している状況にある。東三河の自治体病院は非常に厳しい状況にり、そのしわ寄せが豊橋市民病院或いは豊川市民病院に来ている。そのような中でぜひ市民の皆様に市民病院の現状をご理解いただき、豊川市民病院が継続し、安心して来院いただけるよう頑張りたい。今日のシンポジウムをお聞きいただき、ご支援をよろしくお願いい。 


■第1部基調講演(午後7時4分) 
◎講師:吉野内猛夫市民病院副院長 

【市民病院に赴任して感じた事】 

・一般病床数330床規模の病院としては患者数が多い。 
・病院の建物が非常に古い。 
・24時間オープンではないかと思われるほど、救急が非常に忙しい。 
・他の病院は余裕のある医師が数人はいるが、当院では医師を始め職員がよく働く。 
・自治体病院は赤字が多い中で、当院は黒字であり、非常に珍しい。 
・人口16万人規模なのに総合病院が1つしかないのは、全国的に珍しい。 

【市民病院の課題と問題点】 
・当院の課題と問題点は、病床数の問題、施設の問題、医療連携の問題、救急の問題、医師不足の 
問題、看護師不足の問題、経営の問題、そして新市民病院のかたちである。 
・新聞やテレビで医療に関する問題点がとりあげられているが、医療の現状は伝わっていない。 

【豊川市民病院概要】 
・昭和21年開院で、診療圏人口は豊川市16万人を含めて人口18万人、病床数453床で一般病床数は339床である。 
・診療圏人口が18万人なのに一般病床が339床しかない。人口40万人規模の西宮市には500床以上の病院が6つある。 
・診療科目23科目で、職員数が589人、医師は75人で小児科、眼科、歯科、糖尿内分泌科以外はすべて名市大である。 

【平成19年度病院実績】 
・外来患者の1日平均は約1,300から約1,400人である。339床の病院で約1,400人が来るということは非常に珍しい。これは患者数が多いか、ベッド数が少ないか、ということである。私がかつて勤めていた病院では530床で外来患者が約1,100人である。 
・1日平均の入院が25人、退院が25人で病床利用率が103.9%ということは常に満床ということである。 
・平均在院日数が13日で概ね2週間で退院していく。 
・手術件数が年間で約3,000件、1日当り毎日十数件で非常に多い。 
・救急外来患者が1日平均で78人、救急車による搬送患者が13人、心肺停止患者が3日に1人 
と、非常に忙しい病院である。 

【病床数、施設について】 
・ベッド数は法で地域ごとに決まっており、一方的に増やせるものではない。新しい病院でベッド数を増やしたくても法で規制されていて増やせない状況にる。 
・全国的には愛知県はベッド数が少ない方である。西日本の方がベッド数が多い。 
・東三河には南部と北部の医療圏があり、南部には豊川市、豊橋市、蒲郡市、田原市が、北部には新城市、東栄町などが含まれる。ベッドには急性期を取り扱う一般病床と慢性期を扱う療養病床がある。南部では一般病床が不足し、療養病床が余っている状態で、全体的にはベッド数は基準を超えているため、当院がベッドを増やしたくても増やせない状況にある。 

(豊川地区診療提供状況(病床)) 
・人口約18万人で11の病院があり、総合病院は豊川市民病院と青山病院でる。人口10万人当たりのベッド数は、全国で713床、愛知県が558床と非常に少ない。東三河南部医療圏は472床、豊川地区にいたっては297床とさらに少ない。豊川地区はベッド数が少ないアメリカよりも少ないので、入院したい方が入院できないという状況を理解していただきい。 
・ベッドが一杯だから救急患者を受け入れられない状況が報道されるが、国の基準で医療圏ごとに決まっていて増やせない。一般病床は不足しているが、療養病床がオーバーしているために合計でもオーバーして、ベッド数が増やせない。新病院ではベッド数を増やしたいが、市民の皆さんの声がないと増やせないのでご協力をお願いしたい。 

(他病院との比較) 
・当院は、外来患者数に対してベッド数が少ない。当院の病床数と同規模の病院は医師数が30人から40人であるが、当院は医師数が67人と多いのは外来患者数が多いからである。外来患者が多ければ、それだけ検査も多くなり、医師も多くなる。入院患者100人当りの医師数は外来患者が同規模の病院と比べて少ない。これは医師1人当たり対する患者数が多く、医師への負担が大きいといえる。 
・外来患者が多ければ、医師や看護師などの職員数が多くなり、人件費も多くなる。収益は入院を主にしているため、このベッド数では限界がある。それなのに当院が黒字なのは、それだけ職員が頑張って働いているからである。だから、患者数、病床数、医師数がアンバランスであるということである
。