選択と集中! 更に医大付属病院化は、市立氷見市民病院(富山大付属病院化)に続く快挙!



選択と集中! 更に医大付属病院化 は市立氷見市民病院(富山大付属病院化)に続く快挙! 
福島県立病院・会津総合病院(会津若松市)と喜多方病院(喜多方市)を統合し福島県立医大の付属病院化!』 



会津統合病院、開院遅れ 病床数も削減 
 福島県が2011年度に会津若松市で開院を目指していた会津統合病院(仮称)の開院が大幅に遅れ12年度後半になることが15日、分かった。付属病院化する県立医大と県の協議に時間がかかり、施設の実施設計策定が遅れた。同日の県議会政調会で県病院局が報告した。 

 同病院は医大の付属病院化で診療機能のほかに研究、教育も新たな柱ととする。研究室や講義室を設けるため、病床数を当初予定の約300床から約230床に減らす。 

 診療科目では、かかりつけ医の現代版「地域家庭医療」や総合内科、東洋医学、看護師や保健師が相談に乗る「看護専門外来」の新設を予定する。家庭医療や疫学の研究センターとしても整備する。診療と研究分野でのIT活用を目指し、会津大(会津若松市)との連携も進める方針だ。 

 会津統合病院は、県立病院改革の一環で会津総合病院(会津若松市)と喜多方病院(喜多方市)を統合し開院する。医師確保の観点などから県は県立医大の付属病院化を打ち出し、県と医大は昨年10月に正式合意した。 
2009年01月16日金曜日(河北新報) 



会津統合病院の福島県立医大付属病院化を決定 
2008年10月25日河北新報 

福島県は24日、県庁で行財政改革推進本部の県立病院改革推進部会を開き、会津統合病院(仮称)の福島医大付属病院化と、それに伴う基本方針を正式に決定した。 

従来の「診療」に「教育」「研究」機能を新たに組み入れ、病床数は計画していた300床から230床程度に削減した。 
病床の内訳は一般200床、結核16床、感染8床、集中6床。 

患者数と平均入院日数の減少や、教育・研究機能の組み入れなどを踏まえ、計画病床数を下方修正した。

家庭医療を通した地域医療の確保や人材育成の拠点と位置づけ、二次救急、結核・感染症、へき地支援などの政策医療にも取り組むとしている。 

福島県は同日、病院機能を部局横断で検討するため、松本友作副知事をトップにしたプロジェクトチームを設置。 

一方、福島医大も菊地臣一理事長がトップの付属化準備委員会を設けており、診療、教育・研究、管理運営制度の3部会で医大側の考えをまとめる。