<モンスターペイシェント>医療従事者に理不尽な要求をしたり、暴言を吐いたり、暴力を振るったりする患者やその家族を指す。


  <モンスターペイシェント>医療従事者に理不尽な要求をしたり、暴言を吐いたり、暴力を振るったりする患者やその家族を指す。 自治体病院は、経営の一部に税金が充てられていることや、救急医療を手掛けていることなどから、クレームを受けやすい。        



にらみ利かす警察官OB/みやぎ県南中核病院が2人採用/医療の安全運営へ 
「モンスター患者」暴走に歯止め/「安心感違う」「業務に専念できる」 
2009.06.26 河北新報  
  にらみ利かす警察官OB/みやぎ県南中核病院が2人採用/医療の安全運営へ「モンスター患者」暴走に歯止め/「安心感違う」「業務に専念できる」 

 宮城県大河原、村田、柴田の3町と角田市による保健医療組合が運営するみやぎ県南中核病院(大河原町、300床)が、モンスターペイシェントなどに対応するため、4月に警察官OBの男性2人を「安全対策員」として採用した。 
着任から3カ月。 
職員から「安心感が違い、精神的に楽になった」(看護師)との声が聞かれるなど、病院の安心安全を担う頼もしい存在になっているようだ。 

 安全対策員は、問題行動を起こした患者への対応、院内の巡回といった警備的な役割のほか、未収金の回収も支援する。 
救急医療に取り組んでいるため、平日の昼だけでなく、夜間や休日も呼び出しに応じて駆け付ける「オンコール態勢」で緊急事態に備える。 

 2人は今年3月、宮城県警を定年退職した。県警では暴力団対策や防犯分野などの経験があるという。 

 全国の病院では近年、モンスターペイシェントによるトラブルが増えている。 

 夜間の救急外来なのに「専門医を連れてこい」と言って、治療が終わると 

「間違っていたら責任を取れよ」と捨てぜりふを吐く。昼の外来診察などで、病院側が理解を求めても、「こんなに待たせてお茶も出ないのか」「院長を出せ」と迫り、「税金泥棒」と叫ぶ-。 

 みやぎ県南中核病院でも、実際にこんな例があり、暴力に発展して警察を呼ぶ事態も起きているという。 

 特に自治体病院は、経営の一部に税金が充てられていることや、救急医療を手掛けていることなどから、クレームを受けやすい側面も。 
安全対策員の1人は「医療の現場は想像以上にひどい。まさに病院は社会の縮図」と感想を語る。 

 同病院では、医師や看護師らがトラブル対応に割かれる時間が増え、ストレスが大きく、意欲の低下も招いていることなどから、「もはや病院だけでは職員の安全を守れない」と判断。昨年、県警に相談して、安全対策員採用に踏み切った。 

 内藤広郎院長は「職員がそれぞれの仕事に安心して専念できる環境が整いつつある。 
医療機能が向上することで、患者にとってもよりよい医療の提供につながる」と話している。 

 宮城県内の自治体病院では、大崎市民病院が2005年度、警察官0Bを採用している。 
大館市の市立総合病院では今年5月、「院内暴力」に備え、警察官を講師に招いた護身術などの講習会を開いた。 

<モンスターペイシェント>医療従事者に理不尽な要求をしたり、暴言を吐いたり、暴力を振るったりする患者やその家族を指す。 
全日本病院協会が2007年12月~08年1月、加盟医療機関に実施したアンケートでは、過去1年間に院内暴力などがあったとの回答が52.1%(576カ所)に上った。発生件数は計6882件で、主な内訳は暴言などの精神的暴力が49.9%、身体的暴力が33.6%、セクハラ13.6%。発生件数のうち警察への届け出は5.8%、弁護士への相談は2.1%にとどまる。 

  

医者や看護師に暴行・暴言繰り返す 「モンスター患者」急増、対策が急務 
2009/1/12 J-CASTニュース        
   病院で医師や看護師に暴力や暴言をふるう「モンスターぺイシェント」(怪物患者)が全国的に急増し、社会問題化している。ほぼ毎日のように暴行・暴言が起こり、職員の心身が持たない状態に追い込まれている病院すらある。 
対策として元警察職員を雇ったり、監視カメラを設置したりする例も出てきた。 

「医者一人では足りないからもう一人呼べ!」 
   些細なやりとりから医師に対してクレームを付けるのは代表的な例だ。 
「診療結果が正しいかどうか、お前が責任取れるのか!」 
「医者一人では足りないからもう一人呼べ!」 
「日本の医療制度は変だ。納得いくまで診療代は払わない!」 
   怪我で縫合手術をした後に化膿止めの抗生物質を処方すると、「こんな薬を出せと頼んだ覚えはない!」 
などと威圧するなど、無理難題に近いクレームが多い。 

   こんな時、必ず口にするのが「(厚生労働省などに)訴えるぞ!」といった言葉なのだそうだ。 
また、患者以外のトラブルも増えていて、入院中の母親を見舞いに来た男がその母親と喧嘩。 
看護師が止めに入ったのだが、止めに入ったことに腹を立て男が看護師に暴行、全治2週間のケガを負わせるという事件も2008年11月に大阪で起こった。 
酒に酔って来院、それに伴うトラブルも多く、徳島県では、酔った患者が病院で暴れ灰皿で職員を殴り大ケガをさせる、ということもあったという。 

   全日本病院協会が08年4月に公表した調査によれば、回答のあった全国1106の病院で、「過去1 年間で職員に対する院内暴力(身体的暴力・精神的暴力)があった」のが52.1%。発生件数は6882件。職員に対する院内暴力・暴言が起こる不安を持っている病院は60.7%だった。 
同協会では、「職員が安全な環境で働くための院内整備をおこなうことが重要な課題のひとつ」と全国の病院に呼びかけている。 

対策を立てなければ職員の心身が持たない これを受けて、全国の病院では「モンスターぺイシェント」の対策が始まっている。 
職員に向けた対応マニュアルを作成するほか、元警察職員の雇用、監視カメラの設置を行っている病院もある。徳島県にある阿南共栄病院では、08年12月15日に県警組織犯罪対策課の捜査員を招き講習会を実施。 
医師や看護師約150人が出席したこの講習会で、捜査員が「モンスターペイシェント」を演じ、患者の暴行、暴言による不当要求の対応についてアドバイスをした。 

   同病院はJ-CASTニュースに対し、患者の暴行や暴言は過去からあったものの、現在はほぼ毎日のように起こっているという。 
しっかりとした対策を立てなければ職員の心身が持たない状態だ、とも打ち明ける。 
なぜこうした患者が増えてしまったのかについては、「お年を召した方よりは若い人に多くみられます。現代の風潮といいますか、自己中心タイプの人が医療をサービス業と同じものだと考え、言った者勝ち、無理でもゴリ押しすれば通ると・・・。 
それがエスカレートし暴言、暴力にまで行ってしまうのではないでしょうか」と話している。 
同病院では09年1月中に対処法をまとめたマニュアルを策定し、職員に配布する予定になっている。