小樽市立病院は 銚子市立総合病院状況! 病院崩壊への途を超スピードで走っている。

小樽市立病院は 銚子市立総合病院状況! 
病院崩壊への途を超スピードで走っている。 
こうすれば、公立病院は崩壊できる。 つぶすことが出来るモデルとして,歴史に残ることになろう。 
医師も看護師も呆れて見切りをつける人続出であろう。 
病院局の並木昭義局長が着任し 改革に期待したが、優柔不断市長・居眠り議員では 並木局長が投げ出す日は近いであろう。 


 「新病院は量徳小が最適地」の提言 市長は「慎重に検討」 (小樽ジャーナル2009/06/15) 

 6月10日(水)に開会した小樽市議会第2回定例会で、15日(月)13:00から本会議場で代表質問が行われ、病院局の並木昭義局長が、「新病院は量徳小が最適地」と市長に提言した問題についての質疑が行われた。 

 代表質問に立った菊地葉子議員(共産党)は、「並木局長が、新病院は量徳小が最適地と、山田市長に提言したことは、大いに歓迎。教育委員会は、現在、小中学校の適正配置計画を進め、41小中学校で説明会を開催しており、この新病院の建設地についても質問が出された。市民にとって新病院は必要。判断はいつにするのか」。 

 濱本進議員(自民党)は、「並木局長が、新病院は量徳小が最適と提言したことをどのように受け止めているのか。学校は命を育み、病院は命を守る。どちらも大事だが、市長の決断の時。急がないと、病院の存在が危ぶまれる。どのような認識か」と質した。 

 これに対し、山田勝麿市長は、「新病院の建設地ですけども、並木局長からは、医療者の立場から、医療連携の観点、患者の利便性など、病院としての立地条件を考慮すると、現在の小樽病院の敷地と量徳小学校の敷地を合わせた土地が最適であり、また市内の医療関係者の方々も概ね同様の意向であることで、建設地について再考出来ないかとの意見を頂いております。 

 私としても、当初、当該用地が新病院に相応しいと考えまして、第一候補としておりますので、その優位性は十分認識しているところであります。しかしながら、当該用地での新病院建設は、小学校適正配置計画により、量徳小学校が廃校になった場合にのみ、建設が可能だったことから、当時の状況としましては、断念せざるを得なかったことであります。 

 その後、議会をはじめ、関係者の方々のご理解やご協力を頂きなら、築港地区での計画を進めてきておりまして、関係者の方々の意見を広く伺ってから、慎重に検討していかなければいけないと考えております。 

 新市立病院建設の判断時期ですが、地域医療を守るためには、市立病院は不可欠だと考えておりますし、持続的に経営可能な病院にするためにも、早期に両病院を統合新築する考えは変わっておりません。 

 新病院建設のためには、まず起債導入のための財政的な見通しを示すことが必要でして、新しい管理者の下、職員一丸となって、経営改善に取り組んでいきたいと考えておりますし、私も支援に努めてまいります。 

 再編ネットワーク化協議会の議論結果を踏まえ、新病院のあるべき姿を明確にする必要もあります。いずれにしても、新病院建設のために課せられる課題解決に全力を尽くす所存であります」 と答弁した。 


 ボーナス懐に本会議場で"居眠り" 棒読み質疑を子守唄に  (小樽ジャーナル2009/06/16) 

 6月10日(水)から開会した市議会第2回定例会では、15日(月)と16日(火)で各会派の代表質問が行われた。 

 この本会議場で、質疑をよそに"居眠り"に耽る市議会議員の姿が目立った。中には、椅子の背に頭をすっかり預け、本会議での緊張感のない棒読み質疑を子守唄に、白河夜船のありさまだ。(白河夜船=熟睡していて何も知らないこと。何も気がつかないほどよく寝入っているさま=大辞泉) 

 小樽市議会の本会議での質疑は、与党を中心に、議員と理事者で事前に協議し、答弁調整している。このため、あらかじめ用意された原稿を早口で流し読みするだけの"儀式"となっている。 

 答弁をする市長も、議場や議席に目を向けることもなく、ただひたすら原稿に目を落としたまま、一本調子の早口で棒読み答弁を続ける。この一本調子の答弁が、絶好の子守唄に聞こえるらしく、あちこちの議席で爆睡する姿が見られる。 

 小樽市議会は、昼食後の午後1時からの開会で、通常は午後5時までには閉会するので、実質審議時間は休憩時間を除くと、3時間半程度しかない。(関連記事) この中で、コックリコックリをこいて時間を潰す議員の緊張感のなさは、呆れるほどだ。本会議場での"居眠り"は、毎定例会でも必ず見られる。 

 市は、現在、財政破綻状態にあり、財政再建中にも関わらず、15日(月)には、議長83万45円、副議長75万5,535円、議員一人あたり69万1,267円のボーナスが支給されたばかりだ。このボーナスを懐に入れての"居眠り"議会では、納税者市民は、浮かばれない。 

 市議会本会議場では、小樽の病院問題の質疑などが行われているが、市長は、築港地区での病院建設の中断を余儀なくされているが、築港地区への建設を認めたのも、また、病院会計の収益患者数の過大見積りのデタラメ予算を承認しているのも、この"居眠り"市議会だ。 

 "居眠り"する議員は、与党の自民党などに多く見られる。高齢の女性議員は、毎議会ごとに"居眠り"する姿が常態化しており、同僚議員からも、「葬儀委員長ばっかりやってるから眠いのかな」と言われる始末だ。 

 市内中心街のホテル・ショッピングビルも幽霊化し、「小樽経済は最悪の水準」(日銀経済レポート)と言われる中、市政を監視する市議会議員が、ボーナスを懐に"居眠り"する本会議では、市民の負託に応えておらず、市議会の存在意義が改めて問われることになる