社会保険病院 委譲の条件・・・ 病院経営の評価 ・地域医療における病院機能の評価



社会保険病院 委譲の条件・・・ 
病院経営の評価 ・地域医療における病院機能の評価 



社会保険病院等の整理合理化計画を策定――厚労省・社会保険病院等に関する専門家会議 
2009.04.13薬事ニュース The Doctor 
  
  社会保険庁の「社会保険病院等に関する専門家会議」(座長=田中滋・慶應義塾大学大学院経営管理研究科教授)は3月23日に報告書を取りまとめ、社会保険病院及び厚生年金病院の整理合理化計画を策定するにあたって、 

(1)病院経営の評価 
(2)地域医療における病院機能の評価 

――の2点について進言。地域医療における同病院の役割に配慮することも求めた。 
  

「病院経営の評価」については、現在の税制を前提とした上で、直近の決算年度までの収支状況を主たる指標とすることが適当とした。 

全国社会保険協会連合会(全社連)53病院以外の法人が運営する日本厚生団(厚生団)7病院、その他の4法人4病院は、03 年度より実施の「建物等更新費用」の積み立てによる支出がない。 

そのため、全社連運営の病院と比較する場合には、前提をそろえる必要があるとも指摘している。
  

また、「地域医療における機能の評価」では、 

▽医療計画に定める医療(がん、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病の4疾病、救急医療、災害時医療、へき地医療、周産期医療、小児医療の5事業)に関し、当該病院が地域の中で有している機能 

▽同医療を支えるための機能 

▽その他医療政策上の位置付けがある医療を担う機能――の観点で行うことが適当とした。 

その際、これらの観点の他、今後有する、あるいは有することが期待される機能の観点も、可能な限り加味して評価することも求めている。 
  
同報告書は、これまで同病院が果たしてきた地域医療における役割を評価した。 

その上で、今後もその役割が期待されるとし、「自治体の意見も聴いて」地域の医療体制を損なわないよう要求。 
安定的な経営を図ることを念頭に改革を進めることが必要とした。 
  
社会保険病院及び厚生年金病院は、保険財政の悪化を受け、整理合理化することが求められてきた。 

08年10月以降は、国が社会保険病院等を年金・健康保険福祉施設整理機構(RFO)に出資。今後はRFOにおいて必要な改革を行いつつ、社会保険病院等の適切な譲渡先を見つけていく。 



社会保険庁発表室 
社会保険病院・厚生年金病院の独立行政法人年金・健康保険福祉施設整理機構への出資について


社会保険庁では、社会保険病院及び厚生年金病院(これらに併設されている施設を含む。)を10月1日に独立行政法人年金・健康保険福祉施設整理機構(RFO)に対し出資することとしましたのでお知らせします。 

社会保険病院及び厚生年金病院は、10月1日以降RFOの所有となりますが、病院の経営は、これまで社会保険庁が経営を委託している団体に対し、RFOから委託して行っていただくこととしており、これまでと同様に医療が提供されます。 
社会保険庁では、地域の医療体制が損なわれないように十分に配慮しつつ、今後の病院の取扱いについて適切に対応してまいります。 
<添付資料> 
資料1 社会保険病院・厚生年金病院の出資について(概要) 
資料2 出資施設の一覧 
資料3 社会保険病院・厚生年金病院の概要 
資料1 




社会保険病院及び厚生年金病院に係る独立行政法人 
年金・健康保険福祉施設整理機構への出資について(概要) 

1.経緯 
社会保険病院及び厚生年金病院については、平成14年の医療制度改革及び平成16年の年金制度改革において、それぞれ整理合理化を図ることが求められており、社会保険庁では、これまで、地域の医療体制を損なわないような形での整理合理化の検討を行ってきたところです。 
一方、社会保険庁改革を進めてきた中で、平成20年10月以降、社会保険庁が健康保険の保険者ではなくなることから社会保険病院を保有することができなくなるなど、社会保険庁改革に伴う制度上の見直しも必要な状況となっていました。 
こうした状況の下、平成20年4月に、与党において「社会保険病院及び厚生年金病院を独立行政法人年金・健康保険福祉施設整理機構(RFO)に出資することとする」ことが合意され、10月以降も病院事業の継続を図りながら、適切な譲渡先(受皿)を検討し、その確保を図ることとされました。 
今般の両病院の出資は、この与党合意を踏まえて行うものです。 


2.出資対象施設 
社会保険病院(全53病院)及び厚生年金病院(全10病院) 
※ 併設されている施設(介護老人保健施設や看護専門学校)を含む。 


3.今後の予定 
社会保険病院及び厚生年金病院は、出資によりRFOの所有となりますが、病院の経営は、これまで社会保険庁が経営を委託している団体に対し、RFOから委託して行っていただくこととしており、これまでと同様に医療が提供されます。 
また、社会保険庁では、地域の医療体制が損なわれないように十分に配慮しつつ、出資後の病院の取扱いについて適切に対応してまいります。