千葉県知事 森田健作氏が「住民本位の行政を目指す会」の公開質問状に回答されました。

千葉県知事候補・ 森田健作氏が「住民本位の行政を目指す会」の公開質問状に回答されました。

      2009.3.23  FAX受信 

1.地域救急は1市1町による新病院建設ではなく、成東病院、東金病院、大網病院、長生病院など既存の中核病院を充実させ、役割分担とネットワークで整備すべきではないか。 
ご回答 
同感でございます。 
既存の病院間の連携・ネットワークの構築を促進すべきであると考えます。 

2.老朽化している東金病院は、現在の場所でリニューアルすべきではないか。 
ご回答 
同感でございます。 
医師や看護師などの不足に対応するため、できる限り労働環境の改善に努めるべきだと考えます。 

3.成東病院は市民病院として独立行政法人を目指していが、病院収支、資金繰りがきわめて厳しくなっており、銚子病院のようにならないように急いで県がサポートすべきではないか。 
ご回答 
同感でございます。 
県として、できる限りのサポートをすべきだと考えます。 

4.調査やコンサルタント料、各種会議費などに多額の税金が使われている。県の構想は次のような問題があった。これまでの経過を総括してより良い地域医療体制づくりをあらためておこなうべきではないか。 
ご回答 
同感でございます。 
問題の内容を精査し、県民第一の視点から、最善策を検討していくべきだと考えます。 

5.住民の多くは地域医療問題が今どうなっているかよく認識されていない。勤務医の過重労働の軽減を図かることと病気になった場合に備え、次のようなことを行政は住民に知らせ理解、協力してもらうために、多様にかつ繰り返し周知すべきではないか。 
(1)医師不足で簡単に近くの病院に入れるとは限らないこと。 
(2)軽症なのに救急車をタクシーがわりに使用しないこと。 
(3)普段から各人が近所の「かかりつけ医」を持つこと。 
(4)コンビニ受診抑制のために藤本晴江著「くませんせいのSOS」の普及 
●県の支払いで小学生以下のいる家庭に無償配布ができないか。 
(5)こども急病電話相談 (看護師、小児科医が電話でアドバイスする) 
①毎日・夜間 午後7時~午後10時 
②「受信した方が良いか」、「様子を見ても大丈夫なのか」 
③電話 #8000 をプッシュする 
●時間帯を24時間とすることができないか 
ご回答 
同感でございます。 
地域医療の実態を県民が広く知ることになり、看患のモラル向上等が図られ、少しずつ改善の方向に進んで行くのではないかと考えます。