日経スペシャル「ガイアの夜明け」 3月10日放送 第356回 "絆"拡大スペシャル 『"命の絆"を再生せよ ~崩壊寸前"地域医療"を追う』





“絆”拡大スペシャル
『“命の絆”を再生せよ ~崩壊寸前“地域医療”を追う』

「日経スペシャル ガイアの夜明けSP」の放映予告が公表されました。 
平成21年3月10日(火) 22時から90分(通常は45分ですが今回は延長され90分です・東京・大阪・名古屋・北海道・福岡それ以外の地域は放映日が変わります) 
毎週金曜日午後9:00~ (再放送 毎週日曜日午前9:00~) 
BSジャパン 毎週土曜日 午前12:00~ 日経CNBC 


公立病院の統廃合や閉鎖が、全国で加速している。地方自治体は、国から3年以内に公立病院改革の道筋をつけるよう迫られているのだ。地方自治体が経営する全国973病院のうち、実に74%が赤字という実態(06年度)。地域医療をどうやって守っていくのか、財政難の自治体では病院の存続をめぐって苦渋の選択を迫られているのが実情だ。 
番組では、3年前に取材をした2つの赤字病院の「その後」を追った。また、病院閉鎖問題に翻弄されながらも患者に向き合おうとする医師を通して、地域医療の現実、そして未来像を見つめる。一方、離島が点在し過疎化と高齢化が進む地域で、緊急医療のあり方を問う医師がいる。地域医療の存続・・・その手段のひとつが、「ドクターヘリ」だった・・・。 
医療という、命に直結する「インフラ」がいま揺らいでいる。とりわけ深刻な状況である“地域医療の今”を見つめていく。 

 
パート(1) 地域医療の“核”、公立病院を立て直せ 
【あれから3年…。赤字続きだった小さな公立病院が、黒字実現の奇跡】  
  
山あいの小さな過疎の町の地域医療を守ってきた愛知県のある公立病院。だが赤字が続く病院をもう支えきれないと、町は公設民営化を決めた。 
あれから3年――。病院改革を担った仕掛け人が訪ねた。地域医療を守る公立病院の姿が、そこにあった。 


  
【困難な病院再生 「公設公営」にこだわった病院の結末】  
一方、愛知県の別の公立病院では、2月、病院の規模縮小が決まった。病院改革の失敗、その結末だった。病院改革の仕掛け人が改革に乗り出そうとしたが、行政側が「公設公営」にこだわり、改革案は受け入れられなかった。だが病院の赤字は膨らみ続けた・・・。 



 パート(2) 公立病院立て直しの実例を追う 
【貧しい町の財政…公立病院はこうやって黒字にしろ!】  
  
創立以来、ほぼ黒字を続けている地方の町営病院がある。病院の院長はずっと「黒字」にこだわって病院経営をしてきた。「病院をつぶすのは、医師不足と赤字だ」。この町には25年間、病院がなかった。“貧しい町の財政”を考えると、せっかく設置された町営病院存続のためにも、何としても黒字にし続けなければならないのだ。救急診療も24時間で受け付ける。手術も病院でやる。医師は常駐を5人確保。それでも「黒字経営」が続けられる秘策とは? 


 
パート(3) 過疎地の地域医療とは 
【民間の力でドクターヘリを飛ばしたい・・・救急医の闘い】  
  
去年4月に実施された特別措置法により、現在14の都道府県にドクターヘリが設置されるようになった。しかし、離島が多く山がちの地域には、専用のドクターヘリが必要だ。経済的な理由から、運航を休止しているドクターヘリを、民間の力で再開させようと闘う救急医師の活動と、彼が追求する地域医療のあり方を追った。 

テレビ東京予告より抜粋