『福島県ドクターバンク機能せず。大阪府公立病院協会などの主催講演会で大阪府内の病院勤務医師数は増加している一方、公立病院勤務医師数は大きく減っているという報告があった。砂漠に水を注いでいる・・・。 講演記録は東日本税理士法人まで。』

『福島県 ドクターバンク機能せず。大阪府公立病院協会などの主催講演会で大阪府内の病院勤務医師数は増加している一方、公立病院勤務医師数は大きく減っているという報告があった。砂漠に水を注いでいる・・・。 講演記録は東日本税理士法人まで。』 


ドクターバンク:医師の求職登録2人 医療機関から求人は145人も /福島 
2008.10.10毎日新聞

 ◇今年1月から運用開始 

 福島県が1月から運用を始めた「ドクターバンクふくしま」で、病院や診療所からの求人数が145人に上る一方、医師の求職登録が2人にとどまっていることが9日、分かった。医師不足が全国レベルで深刻化しているためとみられ、県は「登録数が想定より少なく、今後は医師が多い首都圏などに直接出向き、仲介することも検討したい」としている。 

 同日設置された「県地域医療対策協議会」(会長、松本友作副知事)の会合で県が明らかにした。4月に内外科医が、今月初めに内科医が求職登録し、ともに関東在住の50代男性だった。求人登録は38病院・診療所から計145人あったが、給与や勤務日など条件が合わず、就職には至っていないという。 

 また、自治体運営の病院の医師を確保するため、県が医師を募集し各自治体に派遣する今年度の新規事業も、医師の応募がゼロという。同課は「これまでは医師の登録を待つだけの受け身の姿勢だった。今後は首都圏の病院や大学にも足を運び、積極的に医師と県内病院を橋渡したい」と話した。 

 同日の会合では、県内の医師数が人口10万人当たり176・1人(06年12月時点)と全国平均を約30人下回ったことや、県立医大の卒業生の4割が県外に就職していることも報告された。また、メンバーの樋渡信夫・いわき市立総合磐城共立病院長は「大野病院の事故以降、異常分娩(ぶんべん)だとすぐ患者が回されてくる。現場に負担がかかり、産科医が次々と辞めている」と訴えた。 

 協議会は来月中旬にも次回会合を開き、協議項目を整理して対策を話し合っていく。【西嶋正法】