『社団法人 地域医療振興協会 徳洲会(木下会きおろしかい)を蹴落として 首都圏 大型病院を制す。・・・僻地医療に貢献しつつ首都圏の大型病院にも貢献するパワーには脱帽である』



『社団法人 地域医療振興協会 徳洲会(木下会きおろしかい)を蹴落として 
首都圏 大型病院を制す。・・・僻地医療に貢献しつつ首都圏の大型病院にも貢献するパワーには脱帽である』  


浦安市川市民病院の後継法人が決定 
2008年10月2日、PM14:00より浦安市川市民病院会議室において、病院組合議会が開催され、民間委譲される同病院の後継法人が『社団法人 地域医療振興協会』に決定された旨、報告がありました。(西川(さいかわ)よしずみ浦安市議会議員ブログより) 


(以下病院HP) 

浦安市川市民病院移譲先公募は2法人が第2次審査へ 
 浦安市川市民病院を良質な医療を安定的に継続できるよう民営化し、現在の場所で全面建て替えを行い存続させるため、浦安市と市川市は平成20年6月2日に、この地域の医療の確保に熱意を持って取り組む後継法人の公募を開始しました。 
 7月18日の応募受付期限までに下記2法人より応募申込があり、浦安市川市民病院後継法人選定委員会の第1次審査を経て、同2法人を第2次審査対象者として選定しましたのでお知らせします。  
 今後は、後継法人候補者を浦安市川市民病院後継法人選定委員会の第2次審査を経て、平成20年9月末に両市で決定する予定です。 
なお、移譲日は平成21年4月を予定しています。 
  
  
■ 応募及び第2次審査対象者(法人名・申込順) 
   
                                     

  ・医療法人社団 木下会(きおろしかい) 
    
  ・社団法人    地域医療振興協会 

【参考】 
  
■浦安市川市民病院移譲先公募要項 
  
■浦安市川市民病院再整備に係る検討委員会報告書 
  
■浦安市川市民病院を民営化(これまでの検討経過等)へ