大分県豊後大野市 芦刈幸雄市長  一方の病院を核に、他方を診療所として存続させる決断は ガイドラインにも即しており 現実的な方針決定である・・・

 

 



『大分県豊後大野市 芦刈幸雄市長  一方の病院を核に、他方を診療所として存続させる決断は ガイドラインにも即しており 現実的な方針決定である・・・ただし今後の県・市の協議の進め方としては 2病院を1体の独立行政法人として 理事会に経営形態の変更を任せるべきである。改革プランの策定上2008年度内に統合組織のあり方決断が優先されるべきである』 


豊後大野病院統合問題 知事「よく考えたい」 市長の報告に困惑=大分 
2008.07.12読売新聞   
  

 豊後大野市の県立三重病院と公立おがた総合病院の統合問題で、芦刈幸雄市長が11日、県庁を訪れ、広瀬知事に「一方の病院を核に、他方を診療所として存続させる案を、市の方針として決めた」と報告した。広瀬知事は「私は完全統合を考えていた」と困惑しながらも「地域医療を守ることは大切だ。もう一度よく考えてみたい」と答えた。 

 有識者らでつくる「地域医療を守るための公立病院のあり方検討委員会」が6月に出した提言は〈1〉現状維持〈2〉完全統合〈3〉一方を核に、他方を診療所として残す--の3案を併記し、〈2〉が多数、残り2案は少数意見とした。 

 これを受け、芦刈市長は「医師不足が深刻化する中、現状維持は困難。一つの病院を廃止する完全統合も住民の合意を得られない」としたうえで、「診療所となる病院の周辺住民には診療機能が低下するが、地域医療の課題に対処するには、地理的な利便性を確保しなければならない」と述べた。 

 これに対し、広瀬知事は「医療サービスを確保するには、二つの病院が一緒になり、機能を高めていくのが一番と考えていた。大変つらいが、住民の心配もあるので考えたい」と語った。 

 広瀬知事は、考えがまとまり次第、芦刈市長との協議に臨む方針。 

■県立三重病院と公立おがた総合病院の経営比較 

                   県立三重   公立おがた総合 

 病床数                165床      148床 

 病床利用率             77.4%     98.2% 

 年間入院患者数(延べ)     4万6629人   5万3062人 

 年間外来患者数(延べ)     7万1263人  10万4741人 

 常勤医師数(08年3月)        15人       12人 

 平均在院日数(一般病床)      19.0日     21.9日 

 入院や外来の収益(医業収益) 19億441万円 21億2429万円 

 診療コストに対する収益の割合    90.3%     96.2% 

 (医業収支比率) 

 収益に対する人件費の割合      65.3%     56.3% 

 経常利益          ▼1億6389万円  ▼1億689万円 

 減価償却費            9090万円   3億950万円 

 資産減耗費             987万円      62万円 

 収支              ▼6311万円   2億323万円 

    * 

 06年度の決算資料から(常勤医師数を除く)金額は千円以下切り捨て、▼はマイナス