安房医師会病院譲渡 全国的に評価の高い亀田グループが応募。地域医療が永続的に保証されるような形でまとまることが期待される


『安房医師会病院譲渡 全国的に評価の高い亀田グループが応募。地域医療が永続的に保証されるような形でまとまることが期待される』 
安房医師会病院譲渡 亀田グループが応募、審査へ 
2008年1月9日 朝日新聞 
  
 館山市山本の安房医師会病院(上村公平院長)の新しい経営主体の公募が8日、締め切られた。応募は、鴨川市などで総合病院や療養所などを展開する亀田グループだけで、選定委員会(長隆委員長)が直ちに審査に入り、12日までに優先交渉権を付与するかどうかを決定し、具体的な交渉を始める。 
  
 同グループでは、医療法人「鉄蕉会」(亀田俊忠理事長)が主に医療関連施設を経営する。そのうちの一つ、亀田総合病院は診療科31、病床数862で、医師数は約350人。このほか県内では千葉、館山、勝浦市に診療施設がある。 
  
 ただ、同グループに与えられるのはあくまで優先交渉権であり、条件が折り合わなければ、他の法人が参入する可能性もある。 
  
 長委員長は「全国的に評価の高い亀田グループが応募してくれた。地域医療が永続的に保証されるような形でまとめていきたい」などと語った。 
  
  
  
安房医師会病院の移譲  応募 鉄蕉会のみ 
傘下入りほぼ確実 
2008年1月9日  読売新聞 

 医師や看護師の大量退職などで経営難に陥った安房医師会病院(館山市山本)の再建問題で、同病院を運営する安房医師会(宮川準会長)は8日、経営移譲先の公募結果を発表した。公募に応じたのは、鴨川市で亀田総合病院などを運営する医療法人鉄蕉会(てっしょうかい)(亀田俊忠理事長)のみで、安房医師会病院が鉄蕉会の傘下に入ることがほぼ確実になった。 

 この問題を巡っては、外部の有識者で組織された経営改革委員会(長隆委員長)が昨年11月、「病院事業を第三者に経営委託または譲渡することが必要」と答申。館山市など3市1町で構成する安房郡市広域市町村圏事務組合議会(議長=渡辺政久・南房総市議会議長)もおおむねこれを了承し、同病院が同12月22日から今年1月8日まで、新たな経営主体者を公募してきた。 

 公募結果を受けて、12日に安房医師会病院の第3回経営改革委員会が開かれる。委員会終了後、6人の委員に金丸謙一・館山市長を加えた経営移譲選定委員会が経営移譲先を鉄蕉会と選定し、安房医師会との間で「経営移譲の条件」に関する仮協定が締結される見通し。 

 亀田総合病院は常勤医師360人、看護師973人(昨年4月1日現在)。