改革ガイドラインの目玉 再編・ネットワーク化第1号が誕生!・社会医療法人化を目指す特定・特別医療法人相澤病院が基幹病院となり医師派遣拠点病院機能を担い, 軽井沢町立病院が医師派遣だけでなく広範な支援を受けることになった・・・


『改革ガイドラインの目玉 再編・ネットワーク化第1号が誕生!・社会医療法人化を目指す特定・特別医療法人相澤病院が基幹病院となり医師派遣拠点病院機能を担い, 軽井沢町立病院が医師派遣だけでなく広範な支援を受けることになった・・・』 


(ガイドライン抜粋) 

再編・ネットワーク化 

近年の公立病院の厳しい経営状況や道路整備の進展、さらには医師確保対策の必要性等を踏まえると、地域全体で必要な医療サービスが提供されるよう、地域における公立病院を、 

①中核的医療を行い医師派遣の拠点機能を有する基幹病院と 

②基幹病院から医師派遣等様々な支援を受けつつ日常的な医療確保を行う病院・診療所へと再編成するとともに、これらのネットワーク化を進めていくことが必要である。 

この場合において、地域の医療事情に応じ、日本赤十字社等の公的病院等を再編・ネットワーク化の対象に加えることも検討することが望ましい。 


(報道記事) 

地域医療をどうする 軽井沢病院に内科医1人派遣 松本の相沢病院協力 4月から 
2008.01.31 信濃毎日新聞朝刊   
 松本市本庄の相沢病院は三十日までに、医師不足の北佐久郡軽井沢町の町立軽井沢病院に四月から内科医一人を派遣する方針を固めた。軽井沢病院で昨年、内科の常勤医が急減したことや、町が派遣医師の通勤手段でヘリコプター運航を準備していることなどから、町の派遣医師募集に応じ、協力することにした。 

 町や相沢病院を運営する慈泉会によると、内科医は月―金曜に派遣。複数の医師が交代する方向で調整中という。慈泉会は「医師数にゆとりはないが、内科の先生たちが(軽井沢病院を)支えていこうと決断してくれた。ヘリ通勤が可能なことも判断材料になった」とする。 

 軽井沢病院では昨年、五人いた内科常勤医のうち三人が退職。現在、外来診療と入院患者の受け入れを一部制限している。町は医師確保策で、他の病院から医師をヘリで送迎する案を打ち出し、総務省の公立病院改革懇談会座長を務める長隆さんの協力も得て、相沢病院に医師派遣を打診していた。 

 派遣医師の賃金など詳細は今後詰める。佐藤雅義町長は「町の窮状を理解して協力してもらえることに感謝したい。将来は医師研修でも相沢病院と交流を図り、より質の高い軽井沢病院を目指したい」と話している。町は今後も県内外の病院などと医師派遣の交渉を続けていく考えだ。 

  

(相澤病院が基幹病院として医師招聘能力に卓越しているドクタースタイルで医師募集を始めた・・ 

動画で発信する「ドクタースタイルTV」より引用 
        
    
[長野県]特定・特別医療法人慈泉会 相澤病院 

医療の原点がここにある 
医の本質と医の心を体感せよ。 
 新宿から2時間半、松本駅から徒歩15分。北アルプスの麓、松本城を望む城下町という恵まれた立地に相澤病院はあります。 
  「救急医療は医の原点」という考えで大胆な病院改革をスタートし2001年8月に長野県内で初めて地域医療支援病院に承認され、2005年4月には県内で民間初の北米型救命救急センターを開設しました。 
  急性期を主体とした地域の中核病院として症例の質・量ともに豊富で先生が多くのことを学べ、その経験をさらに活かせる環境です。 
県内で民間初の北米型救命救急センターを開設 
 重症患者のみの診察ではなく不安を抱えて飛び込んできた全ての患者さんを受け入れられるよう救急医療の理想系を目指し相澤救命救急センターを設立しました。さらに、救急専属スタッフを配置し適切な診療を可能とするシステムを構築しました。 救命救急センター内には救命救急科、総合診療科を設け重症度の判定を行ない、 専門外来と連携・協力体制を確立しています。また、屋上ヘリポート直結型の救命救急室を開設し、救急に対応するハード面も充実。 救急医療は医の本質として取り組む相澤病院の原点ともいえます。 

学べる・活かせる環境 
 相澤病院は多数の学会認定指定施設になっており、勤務しながら学会認定医の資格取得のための臨床経験を積めます。 急性期を主体とした地域の中核病院であり、救急車の搬送台数も年間6,000台を超え、 例の質・量ともに豊富です。さらに教えてくれる中堅以上の医師も充実しています。しかも学会・研究会へはフリーパスで行くことができ、いくらでも勉強できる環境にあります。 471床に対し常勤医師124名勤務という人員体制の中、救急分離体制も導入しており医師のQOLの向上が医療の質の高まりにつながっています。 

人材育成にも情熱を注ぐ 
 相澤病院は、医の心として全人的医療の実践に注力しています。急性期医療を担う地域の中核病院として、新しく質の高い医療を行うために、 機能的で活力のあるチーム医療を常に心掛け、地域の皆さんから信頼される病院づくりに取り組んでいます。医師と患者の心のつながりと人間関係を大切にすることが、医療の質の高まりになるはずです。 柔軟な発想と積極的で前向きな行動をすると同時に、何事も新鮮にとらえることの出来る感受性と他人を思いやる優しさも大切にし豊かな人間を育てたいと考えています。 病院を自己実現の場として、医師もコメディカルも職員全員が活き活きと仕事を行い、 そのエネルギーを結集することにより、相澤病院を夢と感動に満ちたエクセレントホスピタルにしていきたいと相澤院長は考えています。