静岡県磐田市の市立総合病院と森町の公立森町病院医療連携および協力に関する協定書調印を高く評価する・・ガイドラインが期待し、推奨している素晴らしい先駆事例です


『静岡県磐田市の市立総合病院と森町の公立森町病院医療連携および協力に関する協定書調印を高く評価する・・ガイドラインが期待し、推奨している素晴らしい先駆事例です』(長 隆) 



医療連携へ協定-磐田市立総合病院と公立森町病院 機能分担推進 2008.01.22 静岡新聞   
  
両院長と同市の鈴木望市長、同町の村松藤雄町長が磐田市役所で締結式を行い、協定書に署名した。県医療室によると、公立病院同士による幅広い医療連携の協定締結は県内初という。 

 中東遠二次医療圏の中で近くに位置する両院は、これまでも患者紹介や病理検査などで連携してきたが、協定締結により、一層の機能分担と協力体制の構築を図る。主な協定内容は救急・周産期医療や病理検査、急性期を脱した患者の地域連携パスなど医療面の連携、症例検討会や院内研修会など学術交流・職員研修など。 

 具体的には、磐田市立総合病院が重点を置く周産期医療で森町の患者に高度な医療を提供し、一方で同総合病院の研修医が森町病院の実施する在宅医療を体験することなどを実践していく。 

 鈴木市長は「医師・看護師不足など地域医療の危機が言われる中で、二次医療圏での病院間の役割分担が求められている」と強調。村松町長は「連携によって限られた医療資源をより有効に活用できる」と指摘した。 


自治体病院間協定:県内初、救急医療などで連携 磐田市立病院と公立森町病院 /静岡 
2008.01.22毎日新聞   
 ◇協定書を締結 

 磐田市立総合病院(北村宏院長)と公立森町病院(中村昌樹院長)は21日、救急医療や研修医の派遣などで総合的に連携する協定書を同市役所で結んだ。市によると、隣接する自治体病院間の同様の協定は県内初。【竹地広憲】 

 両方の院長のほか、鈴木望・磐田市長と村松藤雄・森町長が出席して協定書に調印した。規模の大きい磐田が高度救急、森が一般救急と役割を明確化し、患者の的確な搬送や、病床の効率的な運用などにつなげる。また、磐田に来る研修医を森にも派遣し、研修医に地域医療の実情を学んでもらう。 

 これまでは、それぞれが別々に救急患者を受け入れていたため、森では重症患者を転院させる手間がかかり、磐田では患者の長期入院による病床不足などの問題があった。 

 鈴木市長は「医師不足などの問題は根本的には国の課題だ。この地域では『病病連携』(病院と病院の連携)で役割を分担し、地域の安全・安心の向上に貢献したい」と話した。