地域医療の在り方も論点になりそう。南伊豆町の共立湊病院を下田市などへ移転する構想が浮上するなか、議会が移転に難色を示す同町の鈴木史鶴哉町長は「合併協議でも病院の問題を議題にすべき」と主張



『地域医療の在り方も論点になりそう。南伊豆町の共立湊病院を下田市などへ移転する構想が浮上するなか、議会が移転に難色を示す同町の鈴木史鶴哉町長は「合併協議でも病院の問題を議題にすべき」と主張 』 

動きだす賀茂合併・1市3町協議会設置(下)=異なる地域の事情-「納得し合う協議」鍵(下田支局・松岡雷太/松崎支局・金野真仁) 
2008.06.04 静岡新聞  
  
「正直、ほっとしている」-。松崎町の住民投票で賛成多数となり、賀茂地区一市三町(下田市、河津、南伊豆、松崎町)の合併協議会の設置が決まった翌日の二日。 
会見に臨んだ石井直樹下田市長は、安どの表情を浮かべた。だが、笑みはその一瞬だけ。 
「四つの市町が尊重し合い、互いに相乗効果を生む協議を進めていく」。曲折をたどった今までの経緯を思い浮かべ、協議会の会長としてようやく始まる合併協議へ気を引き締めた。 

 一市三町の面積は約四百平方キロメートル。広大な半面、道路整備は進んでおらず、住民投票でも伊豆半島の西、東海岸の“距離感”が合併反対の一つの根拠となった。「新市の一体感を生む道が必要」という首長は多く、合併協議で道路整備が重要な議題に上るとみられる。観光地としての地域性も考え、「朝日と夕日を望む東西の海岸を結べば誘客効果も大きいのでは」(深沢進松崎町長)との声もある。 

 地域医療の在り方も論点になりそう。南伊豆町の共立湊病院を下田市などへ移転する構想が浮上するなか、議会が移転に難色を示す同町の鈴木史鶴哉町長は「合併協議でも病院の問題を議題にすべき」と主張するのに対し、「病院問題と合併協議は直接関係ない」とする桜井泰次河津町長。意識に若干の温度差もみられる。 

 ほかにも各地域が抱える事情の違いは多い。しかし、「合併協議はお互いに痛み分けし、納得し合うのが大切」と県賀茂地域支援局の松永憲明局長は話す。下田市の女性(56)も「伊豆の南部が活気を取り戻すような合併を目指して、しっかりと話し合ってもらいたい」と、動きだす賀茂合併に注目している。 

 (この連載は下田支局・松岡雷太、松崎支局・金野真仁が担当しました) 


以下「共立湊病院の存続を考える・・・町の病院が消えなかった事例に学ぶ」講演会のご紹介 

社団法人 下田青年会議所 
理事長 朝比奈良貞 
各位   

講演会開催のお知らせ 


拝啓 
新緑の候、時下ますますご清祥のことと、お慶び申し上げます。平素は(社)下田青年会議所の活動にご理解、御協力戴き御礼を申し上げます。 
さて、昨今、全国各地において地域医療の諸問題がテレビ等で報道されております。同様に、伊豆南部地域においても、共立湊病院の去就が、この地域の最も大きな問題として取りざたされております。地域医療振興協会の撤退が3年後に迫った今、この地域の医療を支えてきた共立湊病院はどうなってしまうのか。この問題は地域住民にとって最大の関心事であり、その動向に注目しながらも日々不安を抱えて生活しております。我々青年会議所もこの地域で活動している団体として、この問題を積極的に捉え、今講演会に、「選択と集中」というキーワードをもとに全国各地の公立病院再生のエキスパートとして、手腕を振るわれている長 隆(おさ たかし)氏をお迎えし、自身が手がけた総務省による公立病院改革ガイドラインに則った再生の事例をもとに、共立湊病院の存続と再生への手掛かりと、そのために必要なマネジメントの手法などをご講演、ご提案いただき、どの様な医療がこの地域に必要なのかを模索し、共立湊病院とこの地域における総合医療のあり方について考えることを目的としてこの講演会を開催したいと思います。ご多忙かと存じますが、多数のご出席をお願い申し上げます。 
敬具 
  

記 

1)    日時:平成20年6月19日(木) 午後16時00分より 

2)場所:下田市民文化会館 小ホール(先着150名まで) 
〒415-0024 静岡県下田市4丁目1番2号   TEL  0558-23-5151 

3)講演者: 長 隆(おさ たかし)氏 東日本税理士法人 公認会計士 
       【総務省 公立病院改革懇談会座長 下田北高第11回生 下田市白浜出身】 
        
4)演題:「共立湊病院の存続を考える・・・町の病院が消えなかった事例に学ぶ」 

5)講演要旨: 
1、公立病院改革の必要性公立病院の現状と課題・公立病院改革の目指すもの・改革ガイドライン策定の趣旨 
2、選択と集中 再編・ネットワーク 
3、経営形態の見直し  一部事務組合は解散し、独立行政法人(非公務員型)による経営形態への変更も検討 
4、公立病院改革プランの実施状況の点検・評価・公表 
5、財政支援措置 
6、豪華病院の新築 起債制限公立丹南病院(福井県、地域医療振興協会運営)12年9月新築計画と懸念される問題点 
7、医師不足解消 医師通勤・派遣ヘリ・・軽井沢町立病院の事例 

6)スケジュール : 
①16:00~16:10 開会式 
②16:10~17:30 DVD放映 
・日経スペシャル「ガイアの夜明け」…町の病院が消える日~地域医療の未来を描け~ 
・TBS系富山県 チューリップテレビ 「岐路に立つ自治体病院」(全4回) 
③17:40~18:50 講演(第一部) 
④19:00~20:10 講演(第二部) 
⑤20:10~20:40 質疑応答 
⑥20:40~20:50 閉会式 

7)主催 社団法人下田青年会議所  共催 天城会