自分も医師の士気をくじく、わがままな患者だった・・・・・・率直な新聞記者の反省です。



『自分も医師の士気をくじく、わがままな患者だった・・・後悔先に立たず。地域医療をどう守るかを読者とともに考えていくことで罪滅ぼしをしたい。【鈴木勝一】・・・率直な新聞記者の反省です。』 

  

@報道部:地域医療蝕むコンビニ受診 /北海道 
2008.05.15毎日新聞   
  
働き盛りの世代は、少々体調を崩しても職場には休暇を申請しづらい。 
不規則勤務が常態化している新聞記者などは、病院や診療所が開いている午後5、6時に勤務を終える日は皆無なのでなおさらだ。 
ついつい「都合のいい時間に医者に診てもらいたい」と考えてしまう。 

 そんな軽い気持ちで夜間救急病院を受診することを、24時間営業のコンビニエンスストアになぞらえて「コンビニ受診」というが、この行為が地域医療を蝕(むしば)み医師不足の原因の一つになっていると指摘されている。 

先月、全道の市町村議会議員有志らが発足させた「地域医療を守る地方議員連盟」の設立総会で、医師たちが訴えていた。 

 へき地だけでなく地方の中心的な市や町でも医師の大量退職が相次ぎ、医師不足は深刻さを増す。 

医科大学を卒業した研修医が自由に研修先を選べるようになり、大学病院が地方の病院に医師を派遣する余裕がなくなったことが背景にある 
。さらに医師たちは、コンビニ受診の増加で心身ともに疲弊し、地方にいられなくなるというのだ。 

 私は5年前に高熱で苦しんだ時、「仕事が忙しいから」と夜間救急病院を受診したことがある。 
当直の若い男性医師は不平一つ言わず診察してくれたが、数年後、この病院から医師が大量退職してしまった。 
「自分も医師をくじく、わがままな患者だった」。 
後悔先に立たず。地域医療をどう守るかを読者とともに考えていくことで罪滅ぼしをしたい。【鈴木勝一】の士気 

……………………………………………………………………………………………………… 

 記者ブログはhttps://my―mai.mainichi.co.jp/mymai/modules/hokkaido43/ 

 (参考 泉大津市立病院 ホームページより) 
  
当院の内科救急は、大阪府より二次救急医療機関の告示を受けております。 
  
『二次救急医療』とは、他の医療機関からの紹介や救急車で搬送された患者様の診察を指します。 
  
当院内科救急は二次救急医療ですので、一般(風邪の症状や数日前より出現した症状等)の診療は通常の一般外来診察時間での受診をお願いします。 
  
特に他の医療機関が一般診療をされている時間帯はそちらでの受診をお願いしております。 
  
また、内科救急では、医師の判断により重症の方から診察する場合がありますので、受付順番と診察順番が異なることや、救急車対応のために長時間待っていただくことがありますので、ご了承くださいますようお願いいたします。