内閣府はPFIを強力に推進してきたが 病院PFI 先行3事例の破綻に責任を取るのだろうか? 内閣府PFI推進委員会専門委員を務める光多教授はPFIはあくまでも手段・病院運営にPFIが馴染まないということはないと言っておられるが・・・



『内閣府はPFIを強力に推進してきたが 病院PFI 先行3事例の破綻に責任を取るのだろうか? 
内閣府PFI推進委員会専門委員を務める光多教授はPFIはあくまでも手段・病院運営にPFIが馴染まないということはないと言っておられるが・・・ 
高知医療センターや大阪府八尾市立病院などPFI病院が経営難に陥っている問題について 資金ショートをどのようにしたらよいというご見解なのだろうか? 
行政と民間の意思疎通の必要性を説いておられるが 具体的にはどうしたらよいと言う事か? 

内閣府が 推進失敗の責任を認めて 総務省に代わって 財政支援措置できるのだろうか?』 

  

行政と民間 協議を 近江八幡 PFI方式で講演 
2008.04.28中日新聞   
  
【滋賀県】公共サービスに民間の資金やノウハウを活用する「PFI方式」について考える講演会が、近江八幡市文化会館であった。 

講師の光多(みつた)長温(ながはる)鳥取大教授(64)が市民ら百五十人を前に、行政と民間の意思疎通の必要性を説いた。 

 二〇〇六年十月に開院した市総合医療センターはPFI方式で運営。赤字額は初年度が三億円、〇七年度は二十九億円に上り、深刻な経営難にある。 

 内閣府PFI推進委員会の専門委員を務める光多教授は「PFIはあくまでも手段。 

行政と民間の役割分担を明確にすべきだ」と指摘。「運営は行政と民間が協議する『モニタリング』が重要。適切な協議がなければ、PFIは瓦解する」と促した。 
「病院運営にPFIが馴染まないということはない。 
 高知医療センターや大阪府八尾市立病院などPFI病院が経営難に陥っている問題について社会情勢の変化に対応できる契約内容にすべきだ」と強調した。 

 行政に対して「住民に迷惑をかけないことが最も大切。民間に任せた部分でも、行政はあらゆる形でサポートする必要がある。それがなければPFIを導入する資格はない」と提言した。(松瀬晴行) 

内閣府PFI推進委員会専門委員. ○ 中根 佳宏. 近江八幡市民病院長. ○ 前田. 博. 三井安田法律事務所弁護士、内閣府PFI推進委員会委員. ○ 光多 長温. (委員長). 鳥取大学教育地域科学部教授、内閣府PFI推進委員会専門委員 ...