『静岡県市立伊東市民病院・新築 ガイドラインに沿って豪華病院にせず、質素で良い施設を!』

 

『静岡県市立伊東市民病院・新築 ガイドラインに沿って豪華病院にせず、質素で良い施設を!』


基本・実施設計を公告/新病院2段階プロポーザル/伊東市
2008.04.15 建設通信新聞

静岡県伊東市は、同市新病院建設に向け、基本・実施設計者を決める公募型2段階プロポーザルを14日に公告した。
参加申し込み書は21日までに、保健福祉部地域医療課病院事業担当に持参する。
5月末の1次選考(書類審査)で選出した5者で2次選考(プレゼンテーション)を実施。
6月末に最も優れた提案者を特定事業者に決定し、市長に報告する見通し。
参加資格は、市の建設工事等入札参加資格審査申請書の提出があり、200床以上の病院設計と施工監理実績があることなど。
応募者に対し、1次選考は予算の範囲内(上限15万円)、2次選考は50万円の報奨費を支払う。
設計条件は、病床数250床、外来想定人数は1日630人。
外来診療科は、総合内科、消化器科、循環器科、内分泌代謝科、心療内科、小児科、外科(形成)、整形外科、脳神経外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科の17診療科。
病院施設の仕様として、▽救急医療センター機能▽健(検)診センター機能▽地域災害医療拠点病院機能▽免震(耐震)構造▽ドクターヘリに対応した屋上ヘリポート▽温泉源泉利用施設を設けることなどを求めている。
新病院は、市立伊東市民病院(鎌田222)を、岡下窪196-1ほかの伊東スタジアム跡地に移転して建設する。
敷地は、2万2333m2。用途地域などは、第2種住居地域、建ぺい率60%、容積率200%。最高限度は21mだが、10mを加えた範囲内で緩和措置がある。
工期は2010年4月から12年12月まで。開院は13年4月を予定している。