京丹後市・・医療改革改善推進会議の顧問に山岸久一・府立医大学長(64)と長隆・総務省公立病院改革懇談会座長(67)就任・・・2008年4月末の市長選挙・市議会議員選挙の結果に係らず 速やかに改革プランが策定されるべきである


『京丹後市・・医療改革改善推進会議の顧問に山岸久一・府立医大学長(64)と長隆・総務省公立病院改革懇談会座長(67)就任・・・2008年4月末の市長選挙・市議会議員選挙の結果に係らず 速やかに改革プランが策定されるべきである』 


医療充実や経営改善」 京丹後 安原弥栄病院長が就任会見 
2008.04.03 京都新聞   
 京丹後市立弥栄病院長に一日就任した安原正博・前府立医大大学院医学研究科教授(63)が二日、記者会見し、医療の充実や経営改善の抱負を語った。 

 安原病院長は、病院の発展のために安心の医療提供が第一とし、▽お産と育児▽救急医療▽腎臓透析-が核になると強調。「病床利用率や医師数など現状は厳しいが、他病院との交流や若手医師の自己研修を充実させたい」と語った。 

 また、市は二〇〇六年秋に設置した市医療改革改善推進会議の顧問に山岸久一・府立医大学長(64)と長隆・総務省公立病院改革懇談会座長(67)の就任を発表した。