『富山県氷見市民病院 第1回経営改革委員会情報です』(委員長 長 隆)

 

 

『富山県氷見市民病院 第1回経営改革委員会情報です』(委員長 長 隆) 


2007年4月5日 開催された委員会の 審議情況は 地元ケーブルTVで詳細に 全市民に公開されます。 
氷見市のホームページでも要旨が公開されます。 

改革は TOPのリーダーシップと スピードです。 
答申は 委員会開始後2月以内に 提出します。 

実行 出来ることは 答申を待たず 即対応していただくよう 市を指導します。(委員会設置要綱で委員会は 指導権限を付与されています) 
  


氷見市民病院再建 公設民営も視野 経営委、来月末にも最終答申=富山 

2007.04.06 読売新聞東京朝刊   
  
赤字が続く氷見市民病院(氷見市幸町)の再建策を検討する「経営改革委員会」の第1回会合が5日、同病院で開かれ、公設民営を視野に入れ、診療科を減らすなどの改革案を5月末までにまとめる方針となった。県内の自治体病院で、病院の存廃をかけて経営形態の検討が行われるのは初めてで、他の公立病院にも影響を与えそうだ。 

 委員は、市側も含めて9人。北海道の夕張市立病院など全国の自治体病院の立て直しにかかわった東日本税理士法人代表社員の長隆氏を委員長に迎えたほか、町立病院を民営化した大分県の佐賀関病院長ら、県外から病院経営の専門家5人を招いた。 

 公開で行われた委員会で、氷見市民病院の収益が報告され、医師不足や施設の老朽化などの影響で、今年度末の赤字が約6億2000万円に達することや、現状のままでは、赤字は2009年度で約20億円近くにふくらむという試算が示された。 

 委員からは、現在20科ある診療科を減らすことなどが提案され、「診療科をそろえた地域完結型の病院は時代に合わない。身の丈にあった姿に変えるべき」「年功序列で自動的に給与があがる人件費が高すぎる」などの指摘が続いた。 

 4月25日に予定される次回の委員会までに、給与体系の見直しや診療科の削減案などの提示を求めた。 

 委員会後に記者会見した長委員長は「これまでの経営努力は認めるが、公設民営でなければ改革は無理」と指摘。「一刻も早く医師や看護師にとって魅力的な職場を作らなければ、病院が存続できない。市民にも理解してほしい」と話した。5月に最終答申をまとめて9月からでも改革に着手。財政的なめどが立てば来年4月にも新病院の建設を進めるという見通しを示した。