氷見市民病院の三年内有効期間の労働協約を,全て市民に公開してもらいたい・・・・


氷見市民病院の三年内有効期間の労働協約を,全て市民に公開してもらいたい・・・・県労働委員会と,氷見市民病院の三年内有効期間の労働協約を,全て市民に公開してもらいたい・・・・県労働委員会と共に市民は労働協約の全てを知る権利がある・・県労働委員会は審議を公開して欲しい・・2003年の,労働協約は期限切れ無効ではないのか? 



"公設民営化は協約違反〟 氷見市民病院の労組、争議あっせん申請=富山 
2007.07.28読売新聞   
  

氷見市が公設民営化の方針を発表した氷見市民病院の労働組合「氷見市職員労働組合医療評議会」(組合員232人)が27日、県労働委員会に「市の対応は労働協約違反」として、組合との話し合いに応じるよう労働争議のあっせんを申請した。 

 この日は、薬剤師で同評議会の井上信也議長と自治労関係者ら5人が県庁を訪れ、同委員会に申請書を提出した。井上議長は「市側はきちんと組合との交渉に応じてもらいたい」とし、市側があっせんに応じなかった場合は、直ちに不当労働行為の審査を申し立てたいとしている。 

 同評議会によると、市が、組合と誠実に協議をせず、組合の合意もないままに、職員の雇用や労働条件にかかわる公設民営化を20日に発表したことは、市と組合が2003年に取り交わした労働協約違反という。 

 堂故茂・市長は「申請の内容をよく見た上で慎重に対応したい」というコメントを発表した。 


 労働組合法(昭和24年6月1日法律第174号)抄 

第三章 労働協約 
第十四条 労働組合と使用者又はその団体との間の労働条件その他に関する労働協約は、書面に作成し、両当事者が署名し、又は記名押印することによってその効力を生ずる。 
第十五条 労働協約には、三年をこえる有効期間の定をすることができない。 
2 三年をこえる有効期間の定をした労働協約は、三年の有効期間の定をした労働協約とみなす。 
3 有効期間の定がない労働協約は、当事者の一方が、署名し、又は記名押印した文書によつて相手方に予告して、解約することができる。一定の期間を定める労働協約であって、その期間の経過後も期限を定めず効力を存続する旨の定があるものについて、その期間の経過後も、同様とする。 
4 前項の予告は、解約しようとする日の少くとも九十日前にしなければならない。 
第十六条 労働協約に定める労働条件その他の労働者の待遇に関する基準に違反する労働契約の部分は、無効とする。この場合において無効となった部分は、基準の定めるところによる。労働契約に定がない部分についても、同様とする。