公立病院・・・「親方日の丸から、倒れる時代に入った」と、川崎市病院事業管理者の武弘道氏は言う・・ 全国自治体病院協議会の小山田(こやまだ)恵(けい)会長は「行政が『赤字でもやってくれ』と注文し、病院が『いくらかかる』として適正な繰り入れを求めるべきである・・


『公立病院・・・「親方日の丸から、倒れる時代に入った」と、川崎市病院事業管理者の武弘道氏は言う・・ 全国自治体病院協議会の小山田(こやまだ)恵(けい)会長は「行政が『赤字でもやってくれ』と注文し、病院が『いくらかかる』として適正な繰り入れを求めるべきである・・この対話が実現されなければならない』 


公立病院、昨年度の実質赤字7000億円 自治体、穴埋め重荷 
2007.12.28 朝日新聞   
   

公立病院の赤字が急拡大している。全国973の病院の06年度決算で、自治体に穴埋めしてもらった分も合わせた「実質赤字額」が、初めて7千億円を突破した。 
勤務医不足や診療報酬引き下げで収入が落ち込み、自治体の支援も細る。 
総務省は今月、「黒字の達成」を迫る公立病院改革ガイドライン(指針)を発表したが、地域医療に混乱を及ぼす恐れもある。(加戸靖史、若松聡、浜田陽太郎) 


 「実質赤字額」は、経常収支の赤字に、自治体が病院の赤字穴埋めのために繰り入れた金額を加えて、経営の実態を示す。 
06年度、公立病院の経常赤字は前年度比567億円増と急拡大し、過去最悪の1997億円に。繰入金5100億円を加えた実質赤字額は7097億円に達した。 

 「親方日の丸から、倒れる時代に入った」と、川崎市病院事業管理者の武弘道氏は言う。 

 公立病院の建設や設備更新のために借金した場合、返済額の半分は自治体からの繰入金で賄う。国の交付税も「上乗せ」されるため、多くの自治体が「病院の名を借りた公共事業」(厚労省関係者)に走った。そうした支えが細りつつある。 

 公立病院も、民間企業と同様に毎年、減価償却費を計上する。だが、実際に現金は支出されず、手持ち資金として残る。「赤字が出ても手持ち資金の範囲内なら問題ない」と自治体も病院もとらえがちだった。 

 だが、三位一体改革による交付税削減、医師不足と診療報酬引き下げが重なり、手持ち資金が目減りしている。運転資金の不足を示す「不良債務」は前年度比120億円増の953億円に。 

 自治体財政健全化法の成立で、08年度決算からは、病院など公営企業の不良債務が一般会計の赤字と連結され、自治体全体の財政が査定される。 

 繰り入れがあれば、赤字は許されない--。総務省は、自治体にこんなハードルを設けた。しかし、小児科、救急、へき地など赤字部門をどう支えるのか。 

 全国自治体病院協議会の小山田(こやまだ)恵(けい)会長は指摘する。「行政が『赤字でもやってくれ』と注文し、病院が『いくらかかる』と適正な繰り入れを求める。この対話がないと、住民が苦しむ結果になる」 


 ●医師去り休診、不安拡大 

 大阪府南部の阪南市の市立病院(185床)の赤字は、今年度、前年度の10倍近い10億円に達する見通しだ。直接の理由は、和歌山県立医大から派遣されていた医師5人が一斉に引き揚げられ、内科が全面休診に追い込まれたこと。同医大関係者は「過重勤務を緩和するために医師増員を市に求めたが、実施されなかった」と説明する。 

 財政健全化を迫られていた市に余裕はなかった。逆に繰入金を半減。病院に、コスト削減と収益力強化による「経営健全化」を求めた。一方、医師らの間には、待遇や施設改善を進めない市への不満が高まっていた。 

 病院を含めた同市の連結赤字は今年度、14億円を超す見通し。看護師や技師らへの退職金負担も重い。財政再建団体転落ラインもちらつき、「病院と市が共倒れするのでは」との不安が広がる。 

 北海道・羅臼町国保病院は、06年度の医業収益が前年度比1億1300万円減の3億7200万円に落ち込んだ。医師不足に診療報酬の減額が追い打ちをかけた。町は一般会計から1億4400万円を繰り入れたが、8700万円の赤字。 

 町は国民健康保険事業の赤字も抱え、06年度の連結赤字は「イエローカード」状態。医師・看護師の退職が続き、夜間救急、入院を休止。来年4月、人もベッドも減らして診療所にし経費を削減する。 

 同病院は町で唯一の医療機関。重症患者らは、夏場でも車で1時間かかる約65キロ先の中標津町の病院まで搬送が必要になる。「地域で事情は様々なのに、画一的な経営健全化を求められても……」と、同病院事務課の斎藤健治課長は話す。 


 ■公立病院の赤字が自治体財政に影響を及ぼす仕組み 

 ●A市立病院の場合 

 <収入> 

 医業収益(診療報酬など)…20億円 

 自治体からの繰入金(不採算医療への支援など)…10億円 


 <支出> 

 人件費、材料費など…40億円 

 減価償却費(将来の設備更新に備えたお金)…10億円 

赤字額…20億円