夕張再建:経営厳しい市立診療所応援、夕張メルマガ発信 あすから週1回 /北海道


夕張再建:経営厳しい市立診療所応援、夕張メルマガ発信 あすから週1回 /北海道 

2007.12.20 毎日新聞  
 ◇編集長に前佐賀市長 

 厳しい経営が続く夕張市立診療所(夕張医療センター)を運営する「医療法人財団 夕張希望の杜」(村上智彦理事長)を応援するメールマガジン「夕張希望の杜の毎日」(当面は毎週1回発行)が21日からインターネットで発信される。 

 編集長兼発行責任者を務めるのは前佐賀市長の木下敏之さん(47)=現東京財団客員研究員。診療所の前身の市立総合病院経営アドバイザーを務めた友人の伊関友伸・城西大准教授(46)から「診療所の経営が悪戦苦闘の状況にある」と聞かされ思い立った。 

 木下さんのほか村上理事長ら診療所スタッフが執筆し、診療所の経営状況や併設の老人保健施設などの現状を紹介する。バナー広告から経費などを差し引いた純益を「希望の杜」に寄付する。木下さんは「メルマガは低コストで全国に情報発信できる。村上医師の思いと、自治体病院が抱える問題の解決策を伝えたい」と話す。【吉田競】