北海道庁 病院再編計画に欠けているもの・・最も再編が必要な道立病院に即手をつけ見本を示さないこと

『北海道庁 病院再編計画に欠けているもの・・最も再編が必要な 道立病院に即手をつけ見本を示せない事・・規模縮小しても医療の質が下がらない事を38病院ごとに具体的に示していないこと・・夕張の再生を見習って 県と自治体の責任で地域医療を守るために 議会の承認を取り 即実行する事 意見募集は 医師はなれを防ぐ代案ある意見のみを求める。夕張は議会承認後意見募集した・・現状のままと言う無責任 地域エゴ 排除する事 ・・夕張は 診療所になって 医療の質が上がった事 医師が充足した事をどう評価するか 住民の意見聞く 』 



38病院「診療所に」*道、再編案で方向性示す 
2007.10.05 北海道新聞     

 道は四日、道内九十四カ所ある自治体病院のうち三十八病院について、ベッド数が十九床以下となる診療所への規模縮小の検討を求める考えを明らかにした。 

道内三十区域ごとに病院再編を目指す方針は打ち出していたが、個別の病院ごとの方向性を示したのは初めて。 

十日から道民の意見募集などを行う。 

 四日の道議会保健福祉委員会に報告した「自治体病院等広域化・連携構想」素案で示した。

 各病院の財政状況やベッドの利用率、住民の通院動向、地理的条件などを分析した結果、小規模(百床以下)で病床利用率が低い渡島管内の松前町立病院など三十八病院について、「診療所化を含めて規模の適正化について検討する必要がある」と指摘した。 

 また三十八病院以外でも、財政状況が厳しい市立赤平総合病院、市立小樽病院、市立美唄病院など九病院について、「規模を適切に見直す必要がある」などと明記。他の医療機関と連携し、規模縮小も含め検討するよう促している。 

 構想は、赤字経営や医師不足に苦しむ自治体病院を三十区域ごとに再編するのが狙い。道は「病院の方向性は、たたき台として明示したもので強制ではない。今後、地域で議論してほしい」(医療政策課)としている。 

 道は十日から、二十一医療圏ごとに関係自治体などで構成する「地域保健医療福祉推進協議会」の意見を聞くほか、インターネットでも素案を公開し、道民から意見を募集する。構想は年内に最終決定するが、病院の規模縮小を促された地域からは反発も予想される。 

 道が、診療所化の検討を求めた三十八病院は以下の通り。 

 松前町立松前病院、森町国保病院、奥尻町国保病院、厚沢部町国保病院、乙部町国保病院、八雲町熊石国保病院、国保由仁町立病院、黒松内町国保病院、京極町国保病院、幌加内町国保病院、豊浦町国保病院、白老町立国保病院、平取町国保病院、新冠町国保病院、新ひだか町立静内病院、新ひだか町立三石国保病院、上川町立病院、国保町立和寒病院、上富良野町立病院、国保中富良野町立病院、遠別町立国保病院、天塩町立国保病院、幌延町立病院、猿払村国保病院、豊富町国保病院、興部町国保病院、雄武町国保病院、士幌町国保病院、鹿追町国保病院、大樹町立国保病院、広尾町国保病院、池田町立病院、本別町国保病院、足寄町国保病院、市立釧路国保阿寒病院、標茶町立病院、標津町国保標津病院、羅臼町国保病院