『ピン子、夕張"赴任" 「破たん後」描いたスペシャルドラマで女医役 2007.11.09 スポーツニッポン    ◇TBS来春放送』

 



『ピン子、夕張“赴任” 「破たん後」描いたスペシャルドラマで女医役 
2007.11.09 スポーツニッポン   
 ◇TBS来春放送』 

 泉ピン子(60)主演で、財政破たんした北海道夕張市の実情を描くドラマが制作される。TBS系のスペシャルドラマ「おふくろ先生のゆうばり診療日記(仮題)」で、来春放送予定。このほど収録が現地でスタートした。ピン子は、さびれた町並みを目の当たりにし「何とかしないと」と訴えた。 

 ◇市民の手作り歓迎会に感激 

 ◇25年ぶり訪問 

 夕張を訪れたのは、82年にTBSでドラマ化された「幸福の黄色いハンカチ」の収録以来25年ぶり。クランクイン前日、ロケに協力する市民100人以上が公民館に集まって歓迎会を開催。ジャガイモなど手作り料理でのもてなしに、「“黄色いハンカチ”の時は料亭だったのに、今回はここかい。本当に破たんしちゃったんだね」と笑わせながらも「皆さん大変なのにこういう歓迎をしてくれて…笑顔が明るいので救われました」と心を打たれた様子だ。 

 夕張の診療所に赴任した医師が、市民とふれあい、元気づけていく物語。財政破たん直後の昨夏から今年1月までを描く。市職員は激減し、救急車は2台、今年1月の成人式は新成人自らが手作りで行った…そんな現状を制作サイドが取材を重ね、ドラマ化する。 

 泉が演じる主人公も、実際に夕張の診療所で働く医師ら2人がモデル。「地域医療は夕張だけが抱えている問題じゃない。多くの人にちゃんと受け止めてほしい」と真剣に話した。 

 ◇行政問題身近 

 行政に不信、不満を抱きたくなる身近な経験もあった。今年9月で60歳になり、社会保険庁から年金の未納期間があると連絡が入ったという。「そんなはずはないんです。国はなんていいかげんなんだと思った」と怒り心頭。「年金問題とか医療の問題とか、身近に感じるようになりました」 

 ロケや歓迎会には同市の羽柴和寛副市長も訪れ「たくさんの人に見て頂ければ夕張の現状を知ってもらえる」と期待。泉は「市の目玉になるものを考えないと。1年中夕張メロンが食べられるように、バイオで開発したらいい。メロン牛乳なんてのも当たるかも」とさまざまな提案をしていた。 

 ◇夫が医療監修 

 ○…医療がテーマの作品のため、泉の夫で内科医の武本憲重氏が医療監修を務めている。泉は「脈の取り方、顔色の見方、聴診器の当て方とか細かいことを、夫に教えてもらっています」と話した。 

 ▼ストーリー 

 長年、看護師をしてきた大田原花世(泉)は、地域医療への取り組みを夢見たままなくなった夫の遺志を継ぎ、43歳で大学に通い始め、7年で医師免許を取得。大学生の1人息子・和博(佐野泰臣)を東京に残し、夕張の診療所に赴任する。医師の受け入れを担当する市役所職員・向坂信介(村田雄浩)や看護師・えり子(藤谷美紀)らと力を合わせ、老人宅を訪問診療するなど奔走。若者からお年寄りまで市民を勇気づける医師になる。 


 ◇「幸福の黄色いハンカチ」